【レシピ】自家製燻製 即席簡単ベーコンを作ろう!

スポンサーリンク
広告

即席・簡単にベーコンを作ろう!

最近はあんまり作らなくなったんですが、一時期、ベーコン作成にも凝ってました。キャンプなどアウトドアに行くと必ず作っていたんですが、最近はあんまり作っていません。

なぜかって??

肉を買ってきてから、漬けこみに1週間とかかかるので、めんどくさくって(笑)

通常だと、ソミュール液を作るか、乾塩式にして豚肉を塩漬けにして1週間ほど冷蔵庫などにいれます。そして3時間ほど塩抜きをして、風乾といって乾かして、それから燻製を2時間~7時間ほどします。

ですが・・・ これって、保存性を高めるために、塩漬けするんですよ。

でも、たいてい、作ったら、すぐに食べちゃうんですよね(笑)だから保存性なんていらないんですよ。。

ということで、半日でベーコン作っちゃって食べちゃいましょう~! 用のベーコンの作り方を紹介します(笑)

下ごしらえ は しないとね(^^;

とは、いいつつ、下ごしらえは必要です。まずはハーブをいっぱいみじん切りにします。ここでは、バジルとローズマリーとタイムを適当に・・・

IMG_20151122_112814

そして、あら塩(適当な量でいいです)と一緒に刷り込みます。肉の中まで塩がしみこまない時間しかおかないので、ちょっと多めの塩にしておくといいかと思います。これで1時間ほどおきます。

IMG_20151122_113900

塩漬けしてあれば、塩抜きをするために流水に2~3時間ほどつけるのですが、ここは手抜きで・・・きれいに洗った手で、塩とハーブをぬぐいます(笑)

風乾もしなくちゃいけないですけど・・・

そして、風乾燥します。家でやる場合は、下の写真では扇風機で風をあててます。これだと、だいたい30分くらいで、いい感じに乾きます。

IMG_20151122_140914

燻製はしないといけません(笑)

そして、コンロに、燻製器を乗っけ、チップをのっけて、燻製に入ります。

IMG_20151122_152500

ちなみに、火加減は、ほんとうにちょろちょろでいいです。

こんなにちょろちょろなのに・・・

このように、もくもくと、スモークがでちゃいます。なので、自分ちの洗濯物とか、隣の家の洗濯物がスモークの匂いにならないように、注意が必要です。

だいたい2時間~7時間ほど燻製をするのが一般的ですが、スモークチップに砂糖をふりかけて、熱燻状態(だいたい60℃くらいまで上げていいです)にすると、色づきもいいスモークが2時間弱くらいでできあがります。

IMG_20151122_172627

最低1時間すれば、中まで火が通りますし、燻煙の渋さもあまりつかずに、いいと思います。

燻製をおいしく食べるTIPS

で、すぐに食べるのもいいのですが、だいたいにして、燻製をしたら、自分自身が燻製になっています。煙の臭いが体についていると、おいしい燻製を食べても、燻製の匂いがしないのです。そこで、少し冷まして、ラップに包みます。

IMG_20151122_184457

で、それから・・・ お風呂に入るか、シャワーを浴びます!

これ、とっても重要です。体から燻製の匂いを洗い流します!!

できれば、のども乾かせておきます(笑)

お肉が冷めていると包丁で切りやすくなっているので、お好みの大きさにきって、バーナーであぶって、冷たいビールと一緒に食べます!!

さいこーーーです(笑)

だいたい半日で、ベーコンが完成します。朝10時くらいから作り始めて5時くらいには余裕で完成して、6時くらいには食べ始めて6時15分には、なくなります(笑)

この作り方でも冷蔵庫にいれて1日、2日はもつと思いますが、保存用にするにはきちんと塩漬けしましょうね。

ちなみに、僕がもってるスモーカーは、こんなのです。

昔、段ボールのやつも持ってました。

が、キャンプで何回も使ってると乾燥してきて、ある時燃えちゃいました。金属製の方がなんとなくですが、よさそうです(笑)

ひとつ持ってると、ベーコンまで作らなくても、ゆで卵とか、チーズとか、かまぼこ、あとはアジの開きとかだと下ごしらえなしでできるので、もっと簡単ですよ。魚の干物を燻製するととってもやわらかでおいしいです。

保存しないベーコンなら、とても簡単につくれて、燻製の香りと、絶妙な塩加減(ちょっと薄味だったら、塩つけて食べたりしてもいいですし・・・)の即席ベーコン みなさんも!!

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。