【小平ジモティ】Google Mapで小平の飲食店マップ・丸ポストマップが!情報量が凄いです。プロシューマってこういうこと?【Civic Tech】

スポンサーリンク
広告

ふとしたきっかけで・・

ふとしたきっかけで、オープンデータやCode for 的な活動を始めてみようかと・・ 小平市の避難場所マップやAEDマップを作ったんですが・・

【小平ジモティ】小平市の防災マップやAED設置場所、病院をGoogleマップに落としてみる【オープンデータ化】
オープンデータになっていると いろんな使い方ができるようになります。単純にデータを公開するのと、オープンデータ化しておくのでは、二次利用の...

これをFacebookの「ぷち田舎こだいら掲示板」に投げたら、少々の反響がありまして(笑)、それを、きっかけにして、Facebookで「小平あたりでCivic Tech みんなで楽しく」ってグループを起こしました。(これについては、少々思うところとかあるので、また別のページで。想いのある方、是非いっしょにやりませんか?)

で・・・驚くことに、ご自分で、いろいろなマップを作成されている方がいたり、いろんな使い方のアイディアがある人がいたり。。で、驚いています。

今日は、その中で、樋口さんが、小平の飲食店マップと、小平では有名な「丸ポスト」を、Google map上で作って、公開してくれていますので、紹介します。

小平市飲食関係所在地一覧

いや。。これが凄い。ある意味で、Civic Techや、ソーシャルナレッジの見本かもしれません。

「プチ田舎こだいら」にアップされた情報を地図上に!

私も大変参考にさせて頂いている皆さんのレポート並びに推薦、 ”今日は何処で?なにを?” という時に、このグループ内の投稿を探すのは結構大変でした。(歴史もあり奥深い)
そこで検索機能も利用して、GoogleMapに落とし込んでみました。
写真は皆さんの情報を中心に!
店舗情報は「食べログ」などから補足追加しました。
スマートフォンでは見にくいようです。

※追加・訂正は可能?ですので、是非遊んでみてください。

追加・訂正は、今のところできないのですが(Googleの共有設定などの技術的な問題で、追加・訂正できると削除もできちゃう。。)、そのうち、みんなで相談してなんらかの方法でそうしたいですね。

これ、ちゃんと写真や、連絡先、HPまで情報として入っています。大変な労力だと思います。ご自身でも写真とって入れたり。。凄いです。あと、個人的にうれしいのは、喫煙可かどうかの情報が入ってます(笑)。僕、喫煙者なので(^^;

たとえば、サインカフェベリーユーをクリックすると。。 こんな感じです。

このHPにも、僕が行ったところだけのお勧めページがあるのですが。。

小平ジモティ ちょっといい場所
東京都小平市周辺というか、住んでいる花小金井のあたりにあるちょっといい場所を紹介しているページです。 少しづつ 情報増やして行こうと思いま...

みんなが行ってきた情報をまとめてくれているので、情報量は多いですね。

誰が作ったか?も実は大事なんですよね

ちなみに、小平市の商工会の公式にも、飲食店情報ページがあります。

小平市の地域情報サイト こだいらネット
こだいらネットは、小平商工会が運営する小平市のショッピング、グルメ情報など地域の最新情報をお届けする地域情報サイトです

この二つを比べると、何が違うと思います? お店側・経営者側が情報発信するHPと、ユーザー側が勝手に情報発信するHPの違いです。商工会に入っていなくても情報が載るんですよね。消費者(コンシューマ)の誰かが行って情報を作った(プロデュース)する。プロシューマの世界ですね。未来学者アルビン・トフラーが1980年に発表した著書『第三の波』の中で示した概念です。 あれから・・ 50年近くたって、本当にそのような時代になってきている。。

もう中古の本しかなさそうですけど、これ、今を考えるにはとてもお勧めな本です。

製造なども。。どんどんこうなって行くのかな?ほんとかな?(笑)

【DIYが製品に】これからは同人誌と同じように欲しいハード・ソフトは自分たちで!ラジコン専用Smartlogger【Maker;mtabe】
ず~っと会いたかったんですけど ず~っと前から交流はあったのですが、僕自身がラジコンを最近やっていないので、サーキットに行く機会がほとんど...

丸ポスト

小平いちおしの観光資源である丸ポスト こちらは、自転車でご自分で写真をとって集めたそうです。スゴイ!!

これも、直接、ピンをクリックしてみてください。ご自分で集められた情報として載っているので、住所だけじゃなく、「信濃寿司のはす向かい」とか場所が分かりやすくなっています。

平成25年5月(徒歩)に引き続き平成27年6月(自転車)にて現在使用されている全ての丸ポストを探索してみました。
そして今回自転車にて三回目の実施。
行程距離はおおよそ26km。
徒歩だと7~8時間、自転車だと3時間程度。

☆追加情報(2017-02-14)
2013年当時と現在では若干番号に違いが有リます。復元した場所(No.32の回田本通りは一時撤去されていたものがほぼ元の位置に再設置)も含めて使用可能な丸ポスト32箇所です。
※ 昭和病院ロビー内は施設ということで念の為、了解を得たほうが良いかと。

ちなみに、丸ポストのデータ自体は、小平市の公式にもあります。

丸いポストのまち こだいら|東京都小平市

オープンなデータだから解決できそうなこと

例えば、これと、僕が作ったAEDのマップ

データがオープンなので、例えば、飲食店マップと、この2つを引っ付けて、ある飲食店の近くのAEDを3か所と、丸ポストを3か所行って確認して、写真を見せれば、50円引きとかのクーポンを出して、みんなで、AEDの場所を確認するとかの訓練をする。。とかってキャンペーンしたら。。 もしもの時のAEDの場所もわかるし、飲食店もお客さんが増えて。。とか?そんなアホなことしないかな? 少し工夫するだけで、人が動いて、本当の社会課題(例えば、AEDの場所は、オープンにされているのに、本当に必要な時にどこにあるのか?わからないから使えない。)っていうようなことを、解決できるかもしれません。

二次利用が商用利用禁止だと、こういうことはできないですね。商用も含めて、社会課題を解決するって・・ただデータをオープンにしたり、あるアプリを作ったりすることだけじゃないんだよね。って思います。

例えば、こだいら地図検索 ぶるべー・NAVIっていうのがあります。

くらしの便利マップ「」
ASPサービスにてご提供する住民参加型の「住民向け公共情報配信サービス」です。自治体(市区町村)または団体(商工会議所など)との契約(有償)により、地元住民(企業・団体・SOHO・住民)の方々にに無償にてサービスをご提供しております。

これは、これで素晴らしいのですが、この利用規約を見てみると、

■情報の二次利用について
くらしの便利マップの提供するサービスおよびコンテンツの利用(使用)について、その全部あるいは一部を問わず、
商業目的で利用(使用、再生、複製、複写、販売、再販売などあらゆる形態を含みます。)することを禁止致します。
ただし、「企業情報」の掲載(登録情報)など本サービスにて許可された範囲ついては除きます。
※地図については、著作権その他一切の権利は株式会社ゼンリンに帰属しています。

どうして・・商業目的での利用ができないんでしょう? 黙ってすればいいという話ではなくて、こういう所が、オープンデータではないんです。データがあるないの問題では実はないんですよね。このあたりは。。

オープンライセンス

概念としては、Creative Commonsが一番いいかと思うんですが。。

ちなみに、

経済産業省のオープンデータサイト(Open DATA METI, http://datameti.go.jp/)で統計データと白書データでは、統計データには、CC表示ライセンスが、白書データにはCC表示-改変禁止ライセンスがつけられています。

もう少し、分かりやすくならないかな? 多くの資料や基本になる考え方が英語だし。。

オープンソフトウェアでは、MITライセンスがいいと言われています。これらのライセンス等を詳しく、分かりやすく。。 データでも使えるよう。。

オープンソースライセンス比較用早見表

とか

Githubによる、オープンソースライセンスの選び方 | オープンソース・ライセンスの談話室
5分で分かるオープンデータ (2/5)
にわかに話題になり始めた「オープンデータ」だけれど、その現状は? 実際には何ができる? Linked Open Dataとは? ざっと理解するオープンデータのこれからと、ビジネス創出の可能性。

などを参考にするんだけど。。

こういうのと、Google Driveなどの共有設定、閲覧権などの設定と一緒にならないかなぁ??

システム的にそういうのになっていると便利なのになぁ~

作るか? いやいや。。誰か作ってるだろ! ないの?

誰か知っていましたら、教えてください。

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。