【小平ジモティ】小平市の防災マップやAED設置場所、病院をGoogleマップに落としてみる【オープンデータ化】

スポンサーリンク
広告

オープンデータになっていると

いろんな使い方ができるようになります。単純にデータを公開するのと、オープンデータ化しておくのでは、二次利用のしやすさが違います。ってことを、少し実際に試してみたくて、既に公開されている小平市のデータを使って、二次利用しやすいようにしてみました。

オープンデータは、総務省のページに定義がありますので、そちらを参照してみてください。

重要なのは、

  • 公共データが二次利用可能な形で提供されること
  • データの利用に対してのライセンスの考えがはっきりしていること

これによって、二次利用がしやすくなって、公共活動の透明性が向上したり、新しいサービスができたりして効率化がはかれたりするってことですね。目的は、オープンデータにあるのではなく、住民サービスの向上です。

小平市 防災関係のデータ

北朝鮮情勢を勘案して・・ということではないですが、防災関係のデータをマッピングしてみようと思いました。小平市の情報公開自体はとても進んでいると思います。

オープンデータの5つの段階とデータ形式

この図でいくと、第3段階にあると思います。

例えば、防災マップでは、

小平市防災マップ |東京都小平市
 小平市防災マップは、自宅に最寄りの「いっとき避難場所」がどこなのか等を事前に知っていただき、災害に備えていただくことを目的に作成しています。

PDFで書かれたもの等があります。外部サイトになりますが、ちゃんとマップ上で検索できるシステムもあります。

くらしの便利マップ「」
ASPサービスにてご提供する住民参加型の「住民向け公共情報配信サービス」です。自治体(市区町村)または団体(商工会議所など)との契約(有償)により、地元住民(企業・団体・SOHO・住民)の方々にに無償にてサービスをご提供しております。

これらのデータが、機械判読可能な公開データになっているか?というと、少しだけ手をいれてあげれば、できる状態なので、NOってことになりますね。

マップサイトもとても良くできているんですが、外部のシステムと同時に使うような感じではないですね。

ただ、PDFファイルのデータも何かあった時(通信できないとか?)は便利ですからこれはこれで必要です。

小平市防災マップ地図面のダウンロード

小平市防災マップ情報面のダウンロード

でも、データ連携できてると便利ですものね。

ということで、勝手に、使いやすく加工して、みんなが使っていそうなGIS(地理情報システム、英語:geographic information system(s))に移し替えてみました。

OpenStreetmapが本当はいいんだけど

OpenStreetMap Japan | 自由な地図をみんなの手に/The Free Wiki World Map

というオープンソースのマップシステムがあります。これにデータを入れて、どこからでも使えるようにしたりすると便利ですね。でも、みんなが使っているかというと、まだまだなので、今は、Google Mapの方を使ってみました。

これらのデータから、避難場所・いっとき避難場所・二次避難場所・広域避難場所をとってきて、Googleマップ上に展開してみました。

少しは使いやすくなるかな?

これの位置情報に、給水場所かどうか?や備蓄食品の量が見れるといいですね。そのあたりのデータは僕も見たところ防災マップで印刷のものしかなく、簡単にはマップ上に入れられなかったです。単純に、リスト形式にして公開してくれれば、二次利用がとても楽になります。

場所の名前 住所 いっとき避難場所 避難所 食料備蓄状況 飲料水 給水
中島町公園 中島町20
創価学園第一グラウンド 上水新町2-20
上宿小学校 小川町1-327
小平第十二小学校 小川町1-464
都立小平西高校グラウンド 小川町1-502

ここの右の列にデータが入っているだけで、ずいぶんとまた使い方が変わりますよね。

例えば・・避難場所がいっぱいなのかどうか?とか?

もし、避難場所にWifiの基地局などがあって、その情報と連携とれたら、毛布の備蓄量を、リアルタイムで、Aの避難所から、Bの避難所に持っていった方がいいよ。とか、どれくらいの人数いるか?を避難所で忙しくしている人に聞かなくても、ざっくりと、配給先を選ぶことなんてこともできますね。

それには、もうすこしデータを使いやすく出してもらうと、いいんだろうと思います。

ついでに、AED設置場所

こんな風に他のシステムでも読めて、利活用できると、他の使い方ができますよね。個人や企業の方でも、AEDがあって、それをオープンにしていい。という方がいたら、こういうデータを公開して、みんなが使えるようになるといいですね。

こんなことするだけなら、実は1時間もかかっていません。もう少しのところまで来てます。

別にこんなことしなくても、日本全国AEDマップってものがあるので・・そちらの方が便利ですよね。

日本全国AEDマップ -全国のAED設置場所を地図で共有-
全国のAED設置場所を約20万件網羅した日本最大の投稿型AEDマップ。あなたの知ってるAED情報を投稿するだけで救える命があります。

小平市で、こういうオープン化やCode for的なことをしたいと思う方がいたら、一緒にやってみませんか??

別に社会課題を解決することばかりじゃないかと思いますが。。もっといろいろなことをしようと思うと、GIS系は、いろんなツール類もあるので、こちらのページなどが参考になります。

Googleマップに世帯数を表示してみた
ポケモンの出現場所を表示するのにも使われている地理情報システム「GIS」。Googleマップのレイヤを使うと地域ごとの世帯数や人口などを表示できます。
自分のGoogleマップにキャンプ場データ(KML)を取り込んでみた | ガジェグル
こんにちは、ヒーニョンです。 Googleマップって便利ですよね。今回はロングツーリングに便利なGoogleマップの使い方を紹介します。 ロングツーリングにでて心配なのが宿泊先ですよね...

Also published on Medium.

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。