【おうちカフェ】夏にぴったり、水出しコーヒーをドリップで!氷を使った氷だしコーヒーを!【レシピ】

スポンサーリンク
広告

夏になると、アイスコーヒー

夏になると、アイスコーヒーを入れます。いつもはアイスコーヒー用の深煎りの豆を買ってきて、熱湯で入れてから、冷やすということをしたりしますが・・・

もっとまろやかにできる水だしコーヒー。

こんな水出しコーヒー用のポットが売っていますね。

これもいいんですが、スペシャリティコーヒーのゆう珈琲さんが、紹介していた、いつものドリップを使った氷だしコーヒーをやってみたので、紹介します。

豆をグラインド

かなり細かめに摺ります。

ペーパードリップ

えっ?ペーパードリップなの?? そうなんです。ペーパードリップです。

蒸らします。

ほんの少しだけ、お湯で蒸らします。

氷投入!

うそ! コーヒーを氷で入れるの???

って思ったんですよ。でも、これがちゃんと出るんですよね。

動画で、見てもらうと、これくらいのペースでコーヒーが抽出されていくんです!!

びっくりでしょ。

でも、1時間くらいは抽出にかかります(笑)。当たり前ですが・・・それと1杯づつくらいしかできないのが、難点ですが、特別な機材なしに、水出し珈琲が楽しめるんです。

温度は冷たく、味は少しまろやかに、そして、普通のコーヒー豆だと、入れて冷やすと、酸っぱくなるんですよね。

でも、この方法なら、元のコーヒーの味を少しまろやかにしただけで、しっかりコーヒーの味がしています。おススメです。

ちなみに、今回使った機材は

おススメです(笑)

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。