【OpenFOAM】点群処理や点群の編集をするには・・MeshLab、Meshmixerなどを使う【3D】

スポンサーリンク
広告

OpenFOAMシリーズ

【OpenFOAM】やっとレーシングカーボディを仮想風洞実験しました エアロダイナミクスチュートリアル【CFD】

【OpenFOAM】motorBikeのチュートリアルが動かない!!モデルはつながってないとダメらしい【CFD】

【空力計算】ラジコンボディの空力シミュレーション?OpenFOAMでできるのか?パッケージあれこれ【CFD】 

【空力計算】ラジコンボディの空力シミュレーション?仮想風洞のチュートリアル【やっと動いた】

【空力計算】ラジコンボディの空力シミュレーション?FreeCAD CFDoFのチュートリアル【やっと動いた】

【空力計算】ラジコンボディの空力シミュレーション?FreeCAD CFDoFのインストール【Git issue見ろ!】

といろいろ忘備録書いてますが。。

モデルは基本メッシュになり、そのメッシュのできで、シミュレーションできたりできなかったり、時間かかったりとなります。

FreeCAD,ParaviewというOpenFOAMと対に使っているもののほかに、3Dの点群データーを消去したり、メッシュを切りなおしたりということが必要になるので、今回は、その点群データを処理する方法をまとめておきます。

ちなみに、点群データって、あっというまに、100Mbyteとかいくので、こういう処理は必須ですね。ソリッド化とかも必要な処理のようです。ひとつのCADでできたらいいんでしょうけど、FreeCADは、一応、Meshなどの機能もってますが、Gitとか読むと、まだ開発途上で使えないそうです。

MeshLab

MeshLab

点群データを、基本はフィルター処理で一気に処理するパターンで、メッシュの穴埋め、点群データの削除、ダウンサイズなどができます。

やたらと点群データが多いと、それだけでも処理できなくなるんですよね(笑)

とある空力ボディの点群データ(笑) これ、もう点群というより、点の塊で、メッシュ切らなくてもいいかもくらいの量(笑) これだけあると100Mbyteくらいになってて、操作も大変。これを、いらないところをスパッときって、データ数を削減すると。。

これで、だいたい0.5を2回やって、0.1を一回やってるから、0.025くらいに減っているんですよね。Percentage reductionというところの数値を使って減らしていきます。 一気に少なくすると、時間がとってもかかるので、0.5や0.1くらいづつでやるのが得策です。

あと穴を埋めることが必要になるのですが、Close Holeという機能があります。でもアプリケーションが落ちやすいので、こまめに保存してから使われるといいかと思います。

それと、応答しなくなってにっちもさっちもいかなくなることがあるので、タスクマネージャーをあらかじめ起動しておきて、Killする方がいいかもです(笑)

これ。。を探すのに結構時間かかりましたので。。

使い方で日本語で詳しいところを少しあげておきます

ダウンロードから、使いそうな機能はすべてここに解説されています。

MeshLab 使い方メモ - XSim
汎用の 3D メッシュ(ポリゴン、表面メッシュ)処理ソフトウェアである MeshLab の使い方のメモです。

とりあえずの使い方は、こちらがいいかも

MeshLabで点群データ処理 - Qiita
#MeshLabとは MeshLabはWindows、Macで使えるフリーの3Dデータ編集ソフトです。 メッシュの処理に特化したソフトであり、三角形メッシュの編集、クリーニング、フィルタリング、レンダリングなどをすることができる優れも...

Unityなどを使う人は3Dデータをいろいろ作りたいという人向けかな?

3D

すぐに編集したい人は、この下の記事これだけ読めば十分かも

http://kdu-de.tumblr.com/post/118929433487/3dスキャンしたモデルの編集①

AutoDesk Meshmixer

上のTumblerの記事にも出てきますが、Meshmixerは、粘土捏ねを再現したようなソフトです。Blenderとも似ているのかもしれませんが。。

でも。。実はうまく使えないんですよねぇ~僕は。。

Meshmixerの使い方は

メッシュミキサー(Meshmixer) 使い方 | デジタルものづくりの情報サイト「メイカーズラブ」
MeshMixerを習得しよう!! (≧▽≦) | 3Dプリンターで、お家は工場になるか!
3DPrinterについて情報を集めております。 主に私が作った物の紹介が主な内容になります。

このあたりかな? かなり高度なことができるんですが。。非常にめんどくさいというか初めの一歩が難しい(笑)

Meshmixer(Autodesk提供無料ツール)を使用して、ポリゴンを最適化する
■概要 現在、Mayaには直接.plyといった点群データをロードすることができません。また、3DスキャンデータをMaya内で修復リダクションするには限界があるため、Autodeskが提供しているMeshmixerを使用してポリゴンデータを調整することが可能です。 ■ダウンロード Meshmixerは下記ページよりダウン...

やりたいようなことは、ここに書かれていますけど、これもPCにかなりパワーがいりそうです(笑)

RS OnlineのDesign SparkというCAD類の説明

その他、ソリッド化する場合、こういうほかのCADの機能も使うといいようです。まだ試してませんが。。

https://www.rs-online.com/designspark/3d-printing-and-design-jp

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。