【開発環境(その3)】Ruby on Railsのチュートリアルは、Cloud9・Git・Bitbucket・Herokuを勉強するのに最適かも【プログラミング】

スポンサーリンク
広告

やっとHeroku

Cloud9とGit連携して、Herokuにデプロイ! これやってみたかったので、って違うか?(笑) Ruby on Railsのチュートリアルの続きです。

第1章 ゼロからデプロイまで | Rails チュートリアル
SNSの開発を題材にした無料の大型チュートリアルで、ウェブサービスの開発から公開までの流れを実例を通して学べます。解説動画や質問対応サービスも提供しています。

ここからですね。 ちなみに、ここまでのところは↓です。

【開発環境】Ruby on Railsのチュートリアルは、Cloud9・Git・Bitbucket・Herokuを勉強するのに最適かも【プログラミング】
Cloud9 最近、山でのDIYやら、地形にはまってたりで・・・プログラミングの方はあまり見ていなかったのですが、ちょっと前にCloud9...
【開発環境(その2)】Ruby on Railsのチュートリアルは、Cloud9・Git・Bitbucket・Herokuを勉強するのに最適かも【プログラミング】
今日はGitから 昨日は途中で終わったので(笑) 【開発環境】Ruby on Railsのチュートリアルは、Cloud9・Git・Bit...

Heroku

HerokuってPaaSのクラウドですね。Webアプリの実行環境をフリーでも使えるようにしてくれてます。最近だとフリーで使えるところいろいろ出てきているんですけど、老舗ですね。

まずは、Cloud9に入って、gemファイルを変更します。

本番 (production) 環境にpg gemをインストールしてRailsがPostgreSQLと通信できるようにします

らしいです。チュートリアルをよく読んで・・

$ bundle install --without production

を実行しておくらしいです。実行環境以外のバンドルをインストールするってことで・・

git commit -a -m "Update Gemfile for Heroku"

git にもセーブしておきます。

Herokuの新規登録

Herokuのユーザー登録をクリックすると・・・

こんな画面でてきますので、必要事項を記入してアカウント作成

メールで確認されるので・・確認したら、パスワードを決めて入力すると、ダッシュボードが出てきます。

Cloud9で、Herokuのバージョンを確認

tom2rd:~/workspace/hello_app (master) $ heroku version
heroku-toolbelt/3.43.16 (x86_64-linux) ruby/2.3.0
heroku-cli/5.6.22-f9f7585 (linux-amd64) go1.7.5
You have no installed plugins.

Herokuにログイン

tom2rd:~/workspace/hello_app (master) $ heroku login
heroku-cli: Installing CLI... 21.68MB/21.68MB
Enter your Heroku credentials:
Email: メアド@メアド
Password: *********
Logged in as メアド@メアド

さきほど作ったHerokuのアカウントでログインするんですね。。

SSH(暗号化)を入れて、アップロードしますか?って聞かれるので、Yと答える

tom2rd:~/workspace/hello_app (master) $ heroku keys:add
Found an SSH public key at /home/ubuntu/.ssh/id_rsa.pub
? Would you like to upload it to Heroku? Yes
Uploading /home/ubuntu/.ssh/id_rsa.pub SSH key... done

実行環境を作る

tom2rd:~/workspace/hello_app (master) $ heroku create
Creating app... done, ⬢ blooming-depths-66455
https://blooming-depths-66455.herokuapp.com/
| https://git.heroku.com/blooming-depths-66455.git

Herokuのダッシュボードを確認すると・・

できてますね。。

それで・・デプロイ!します。

tom2rd:~/workspace/hello_app (master) $ git push heroku master

そうすると。。。

Counting objects: 92, done.
Delta compression using up to 8 threads.
Compressing objects: 100% (77/77), done.
Writing objects: 100% (92/92), 20.24 KiB | 0 bytes/s, done.
Total 92 (delta 7), reused 0 (delta 0)
remote: Compressing source files... done.
remote: Building source:
remote: 
remote: -----> Ruby app detected
中略
remote: Verifying deploy... done.
To https://git.heroku.com/blooming-depths-66455.git
 * [new branch] master -> master

なるほどね。。

これって中身ないけど、Heroku create した時に出てきたURLにアクセスすると、Hello Worldって出てくるページがでてきます

https://blooming-depths-66455.herokuapp.com/

チュートリアルの1章は終わりです。

git pushでもデプロイできるんですね。

herokuとgitのドキュメントを見ておくといいかもですね。

heroku helpってCloud9で打つと、いろんなコマンドがあるのがわかります(笑)

tom2rd:~/workspace/hello_app (master) $ heroku help
Usage: heroku COMMAND [--app APP] [command-specific-options]

Primary help topics, type "heroku help TOPIC" for more details:

addons # manage add-on resources
 apps # manage apps (create, destroy)
 auth # authentication (login, logout)
 config # manage app config vars
 domains # manage domains
 logs # display logs for an app
 ps # manage dynos (dynos, workers)
 releases # manage app releases
 run # run one-off commands (console, rake)

Additional topics:

access # manage user access to apps
 authorizations # OAuth authorizations
 buildpacks # manage the buildpack for an app
 certs # manage ssl endpoints for an app
 clients # OAuth clients on the platform
 drains # list all log drains
 features # manage optional features
 git # manage local git repository for app
 help # list commands and display help
 keys # manage authentication keys
 labs # manage optional features
 local # run heroku app locally
 maintenance # manage maintenance mode for an app
 members # manage membership in organization accounts
 notifications # display notifications
 orgs # manage organization accounts
 pg # 
 pgbackups # manage backups of heroku postgresql databases
 pipelines # manage collections of apps in pipelines
 plugins # manage plugins to the heroku gem
 redis # manage heroku redis instances
 regions # list available regions
 sessions # OAuth sessions
 spaces # manage heroku private spaces
 stack # manage the stack for an app
 status # status of the Heroku platform
 teams # manage teams
 update # update the heroku client
 version # display version

やっと1章終わりです(笑)

次は 第2章ですね。

Ruby on Rails チュートリアル:実例を使って Rails を学ぼう
SNSの開発を題材にした無料の大型チュートリアルで、ウェブサービスの開発から公開までの流れを実例を通して学べます。解説セミナーや解説動画も提供しています。

第2章は、自動コード生成を使ったものだったり・・・

第3章は、テスト、自動テスト、

第4章は、IRBというコンソールというか、インタプリタですね。。ここでやっとRubyの文法が出てきます。

やるのめんどくさくなってきちゃった(笑)。

この他にRails Guideというのが同じようにあって、こちらも見てみるといいですね。

Ruby on Rails ガイド:体系的に Rails を学ぼう
Railsガイドは、Ruby on Rails Guidesに基づいた大型リファレンスガイドです。Rails開発の生産性を高めたいときや、Railsの各機能を体系的に学びたいときに役立ちます。

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。