【開発環境】Ruby on Railsのチュートリアルは、Cloud9・Git・Bitbucket・Herokuを勉強するのに最適かも【プログラミング】

スポンサーリンク
広告

Cloud9

最近、山でのDIYやら、地形にはまってたりで・・・プログラミングの方はあまり見ていなかったのですが、ちょっと前にCloud9っていう全部Webで開発環境(たぶんContainerを作ってくれて開発環境を作れてしまう)ができるサービスを発見して、便利そうだなぁ~って思って、Wordpress,Pythonは出来たけど、Androidが出来なくて挫折してほったらかしにしてました。Gitとかもオジサンには覚えられない(笑)。

Cloud9の初期設定は、

ここを見て、勉強しました。 Credit Cardの登録がいるから、少し勇気いりますけど・・・料金は発生しないようです(笑)

で・・・Wordpressなんかをいじってみたり・・

これ便利。。。Runって押すと ちゃんとhttps://まるまるまる.io とかで、Wordpress動いてくれる。自分が借りてるサーバでやるより、統合環境になっているのでやりやすい(笑)

Webアプリを作るにはとってもいい環境です。。が・・・PythonでカメラStream読み込みでOpenCVで認識とかAndroidアプリつくったろとか・・だと少しハードルが高くて・・

で・・・こんなので止まっていたわけですが(笑)

Ruby on Rails のチュートリアル

Ruby on Railsのチュートリアルの記事をFBで見て、クリックしてみたら・・・

なんと・・ このチュートリアルは、Cloud9で開発環境(IDE)を作って、Gitでソース管理、Bitbucketで非公開化・Herokuでデプロイ(実行)ってことができるようになっているようです。確かに・・・

Cloud9でWorkspaceを新たに作るときに、最初から、そういうアイコンがあります(笑)

人間って・・興味ないと・・完全に見逃すものですね(笑)

あらためて、Cloud9をGoogleで検索すると、Quitaでもいっぱい記事出てきますね(笑)

Rails Tutorialのアイコンは、開発環境をセットアップするために、Railsとは違って、チュートリアルを動かす分のセットアップが省かれているようです(笑)。いい配慮ですね!!

ちなみに、Ruby on Railsって、いままでほとんど興味なかったんですが、つらつらと、チュートリアルを眺めると、Webのサーバーアプリを作るのにはとても良さそうな言語(Web作成のフレームワーク)なんですね。このチュートリアルでは、Twitterに似たWebアプリを作って、Herokuで動かすところまでやれるみたいです。14章まで到達できれば・・(笑)

第一章までやってみる(笑)

最初の方は、RubyやLinuxの説明やらがありますが・・・読み飛ばして 1.2.2 開発環境まで飛びます(^^; ちなみに、ここでは、Cloud9で必要なところだけを、書いてありますので・・きちんとチュートリアルは読みましょうね。

DashBoardからWorkspaceを作るをクリックして

https://railstutorial.jp/chapters/beginning?version=5.0#fig-cloud9_new_workspace

の通りにして、Create WorkSpaceボタンを押します。

しばらくすると、こんな画面が現れます。

Railsをインストール

下の方にbashと書かれたシェルの画面(タブ)がありますので、そこからRailsをインストールします。あるいは、緑の+マークをクリックすると、ポップアップが出てきますので、そこのNew Terminalというところをクリックすると、このように、bashのターミナルが出てきますので、そこからでもいいですね。

すると・・2017年4月現在では・・下記のように成功したと出てきます。

Hello World アプリケーション

フレームワークの読み込み(作成)をするのに

とターミナルに打ち込みます。

Bundlerでいっぱいファイルができました。Bootstrapのような感じのファイル構成ですね。。

Gemfileの編集

インストールされたファイルたちのバージョンをチュートリアルで使うバージョンに合わせるために、Gemfileを編集して、もう一回インストールする必要があるそうです。Herokuで使うSQLがPostgresなので、それへの対応だと思います。

左のファイル欄からgemfileを選んでダブルクリックすると、編集画面が出てきます。

と編集して、タブを閉じると・・

Saveするか?と聞かれますので、Saveします。

ちなみに、 group :development, :test do ~ endの環境と、group :development do ~ endの環境で開発時とテスト時で環境を変えているようです。これがHerokuの時に効くおまじないだそうです。。

で・・・このGemfileを動かします。

そうすると、何やら・・・Conflictが起こるので、bundle updateをしろって最後に出てきます。

それで

と入れると、bundle updated! って最後に出てきますので、成功したんでしょう(笑)

Rails serverの立ち上げ

よくわかりませんが、Cloud9では、このコマンドみたいです。

そうすると・・・Webサーバーが立ち上がるんですね。

で赤の文字のところをクリックしてあげると、下記のようなWebページにアクセスできます。

Hello worldって出すために二つのファイルを書き換えます。

一つ目は、app/controllers/application_controller.rb というファイルを以下のように・・

ルートの情報を定義するファイル config/routes.rb に以下のように書く。。

そして、先ほどのホームページをリロードすると・・

こんな感じで、Hello Worldができました(笑)

Gitでバージョン管理

Gitについての基本的な使い方は、Pro Git が有名だそうです。

肝心なところですが・・・ 今日はここまで(笑)

次はここからです。

その2はこちら(笑)
その3はこちら(笑) 

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。