【Photogrammetry】写真を使った3Dモデル作成 こんなにすごくなっているんですね【3D】

スポンサーリンク
広告

Photogrammetry

フォトグラメトリーとは、2次元画像(写真)から、3Dモデルを作成する方法のようです。

このHPでもOpenFoamをしたりいろいろしているので、3Dモデルの作り方いろいろしています(笑)

【OpenFOAM】点群処理や点群の編集をするには・・MeshLab、Meshmixerなどを使う【3D】
OpenFOAMシリーズ 【OpenFOAM】やっとレーシングカーボディを仮想風洞実験しました エアロダイナミクスチュートリアル【CFD】...

で、モデルを作るのがなんともメンドクサイというか職人技+地道な作業で、心が折れるんですよね(笑) それが、かなり簡単にできるようになってきたとか。。ほんまかいな?と思って少し調べてみました。

WikiにあるPhotogrammetryのソフト比較

Comparison of photogrammetry software - Wikipedia

いろいろあるんですね。。2DF Zephyr、DroneMap などが面白そう ちょっと調べてみようかと。。

3DF Zephyr 商用だけど、Freeデモあり

Photogrammetryのススメ ~ソフト比較と質感設定~ - 人柱系CGモデラーのTipsブログ
今回の特集はまだまだ謎の多いPhotogrammetry(フォトグラメトリー)です。様々なソフトを比較検証し、クオリティアップのための後処理についても解説しています。今回の取り組みは長年の目標でした。労力を惜しみなく注ぎ込んだので内容濃いです。ご賞味下さい!!
Photogrammetry入門 – lecture.nakayasu.com
フォトグラメトリ入門 撮影方法~3Dモデル作成 | STYLY
今回はフォトグラメトリの特徴や作成方法について、初心者にもわかりやすく紹介します。この記事を読めば今すぐフォトグラメトリに挑戦できるようになります。
誰でも簡単にフォトグラメトリを今すぐ無料で始める方法 - Qiita
概要 本記事はフォトグラメトリを初めてやる人を対象にしています。 無料の範囲で簡単に始められるような内容になっています。 フォトグラメトリを使ってリアルのオブジェクトをバーチャルに持っていきましょう! フォトグラメトリとは?...

どうやら。。。Freeデモバージョンでもいろいろ使えそう。こちらは、どちらかというとゲームの3Dモデルなどを作るのに適しているのかな?いろいろ比較している記事もあるけど、機能的にも性能的にも一番いいようです。

Drone Map

Drone Mapping Software - OpenDroneMap
OpenDroneMap is a free and open source ecosystem of solutions to process aerial data. Generate maps, point clouds, 3D models and DEMs from drone images.

OpenDroneMapの使い方 - 自然環境保全のための周辺技術
ドローンで撮影した画像を合成して地図化するソフト「OpenDroneMap」をWindowsにインストールして実行する方法を紹介します。 作成されたobjファイルをmeshlabで表示したところ 1. docker-toolboxのインストール ここからdocker-toolboxをダウンロードして、インストールします...

Droneの空撮画像から地図ソフトを作るソフトがベースのようですね。3Dもできるって程度なのかな?あまり日本語の情報でてこない。

もう少し調べていると、MeshRoomというのが出てきた。。

MeshRoom (GPU必須)

MeshRoomを使って3DPhotoScanを無料で
ソースはこちら 1.撮影 まず対象物を遠近あらゆる角度からグルリと写真を撮ってくる(この切り株では、58枚撮影…
alicevision/meshroom
3D Reconstruction Software. Contribute to alicevision/meshroom development by creating an account on GitHub.
AliceVision | Photogrammetric Computer Vision Framework
AliceVision is a Photogrammetric Computer Vision framework for 3D Reconstruction and Camera Tracking.

CPUだけ

Photogrammetry on Docker ~ サーバ屋さんもXRしたい ~ - Qiita
フォトグラメトリとは? 最近,このような動画がバズっていました. 鎌倉、銭洗弁天をまるごとVR化!建築デジタルアーカイブの試み。リプ欄からVR体験可能です。#Photogrammety pic.twitter.com/Qsf...

なんとなく。。このMeshRoom良さそう。。。

MeshRoom

ここから、Windows 64bit版をダウンロード 299Mbyteあります。Zipを解凍してMeshroom.exe をクリックすると。すぐ立ちあがる。Python Qtで作られているみたい。

適当に、モデルの写真をとって、フォルダに突っ込んで。。Startを押すだけのようです。

あまりに適当だったので。。モデルできなかった(笑)

GPUは、こちらはインテルGraphicsの方を使っているようで、NVIDIAの方は使ってなさそうです。

動画からもモデル化できるようなので。。そちらでチャレンジ

したけどうまくいかなかった(笑) もう少し勉強してみよう(笑)

Zepher

こちらは14日間トライアル版 Zepher -lite ここからダウンロード

Zepher Free だと、ここからダウンロード

3DF Zephyr freeは最大50の画像しか処理できません。これは、非常に単純なテーマや最初のいくつかのチュートリアルで遊ぶには十分なはずです。 処理を高速化するために1枚のNVIDIAカードのみを使用することもでき、エクスポート/編集機能は制限されており(たとえば、JPG形式のテクスチャのみをエクスポートできるなど)、いくつかの非常に重要なツールがありません(たとえば、カスタマイズされた UVマッピングツール)。 ただし、3DF Zephyr Freeは時間制限がなく、他の3DF Zephyrバージョンで作成された.zepファイルを開くことができます。

Liteだと500枚までのことができるみたいです。。 が。。 LiteをDownloadするのにえらい時間かかります(笑)

ダウンロードしてインストールして。。 ワークフロー 新規プロジェクト から やっていくと、質問形式で、作っていけます。全自動です。

ビデオから画像分解して、点群構成までは、簡単にやってくれます。

ちょっと、きちんとビデオをとればいけそうな感じですね。

写真からは。。

こちらも15枚中使えた写真が6枚しかない状態なんですが、それでも、なんとなく点群は取れているみたいです。

もう少し、時間をかけて写真をとれば、作れそうな雰囲気ですね。

これでもメッシュ化して3Dモデル化してテクスチャーはると、ここくらいまで行きます

へーすごいな

点群処理で他の角度から

これくらい簡単に取れるのだと。。そこそこのものが取れそうですね!

街角の彫刻を3Dモデル化してみた(笑)

少しコツをつかんだら。。結構綺麗に取れました。

【3D Model】小平ゆかりの斎藤素巌の作品を3Dモデル化してみました【樋口さんぽ】
樋口さんぽ 小平CivicTechが誇る最強マッパーの樋口さんと、小平クリーンアッププロジェクトのあと、最近、…

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。