【Glide】PWAアプリがあっという間にできる。。GoogleSpreadSheetが元なので、フォームから自動入力も【GAS】

スポンサーリンク
広告

いやぁGoogleは凄いですね。

GlideというGoogleSpreadSheetをもとにして、PWAアプリをコードを一切書かずに作れるようになってて凄いな。。って思って、こだいらCivicTechという集まりで作った公園マップ・避難所マップなどを、ぱぱっと作ったんですが。。

小平公園・避難所マップデータPWA

小平のパン屋さん情報も(笑)

小平パン屋さんマップ

簡単な作り方は、こちらに。。

【PWA】GoogleのGlide で PWAアプリが簡単に作れます。公園・避難所アプリさっそく作ってみました【おすすめ】
PWAアプリ版 公園・避難所・病院マップ New GlideというGoogleのサービスを使ってPWAアプリに…

SpreadSheetから作れるってことは、Google Formから自動入力もできる??

Glideは、SpreadSheetを作るところから始めるんですが。。

Googleフォームは、スプレッドシートに書き込むことができます。。

てことは、入力も全部できるってこと?

Googleフォームをまず作って、質問のタブで、入力項目を決めていきます。

今回の場合は、チェックボックス式やラジオボタン式の入力も。。これで自分で入れるようにすると、間違わずに入れていけます(笑) 入力支援用の画面としても使える。

それで。。GoogleフォームとGoogleスプレッドシートの連携は、

回答のタブを押して、そのあと、緑の十字のところを押すと、回答をスプレッドシートに表示というボタンがあるので、それで連携させます。

そうすると。。データが入力済のスプレッドシートができあがります。

スプレッドシートのタブのひとつに、このGoogleフォームのアドレスをリンクとして入れておけば、データ入力を開放した形で、アプリができちゃう。

これ凄いですねぇ~Googleの連携で。。まったくコード書かずにここまでできるようになるなんて。。さすが令和だ!<関係ないか?(笑)

そうやって作った小平のバリアフリー情報閲覧&情報収集PWAアプリがこちらです。

小平バリアフリー情報

凄いですね。

入力方法などの説明も作ってみましたが。。

【バリアフリー】こだいらあたりのバリアフリーPWA アプリ 作りました 情報募集中です!【使い方】
新機能 追加 情報入力が、アプリからできるようになりました。こちらのページも参考にしてください。 小平のバリア…

なんということでしょうね?

サーバーの設定はいらないし。。アプリの画面設計も入れないし。。

これ作るのにかかった時間は、たったの2時間。。構想さえできてしまえば、こういう系統のモックアップアプリはすぐにできてしまうってことですね。時代は進化してます。

DARTやってみたいって思いながら。。もうGlideでもいいかな?って思い始めています(笑)。

Glideでも入力はできるんですけどね

ちなみに、Glideで、Screenのところで、Add itemをONにすると、Glide上で入力することもできます。文字が入るだけなので、これはちょっとみんなに入れてもらうっていうのは難しいんですけどね。

文字情報だけで、これSignInしてから使うようなアプリにしておけば、仲間内だけの情報共有アプリにも使えるって感じですね。

いやぁ本当に凄い時代になったと思います。

こういうアプリを製作会社に頼むとたぶん、300~800万円とか言われると思います。。AWSやGCPでほとんどアクセスなければ、維持費は安いでしょうけど、サーバー台とか別で、それくらいの価格になると思います。

Glideも、ドメインつけたりできるプロは2万4千円ほど、ビジネスは年間12万円くらいの維持費がかかるようですけど。。

とっても安いですね。

僕にお願いしてもらえれば、それプラス10万円で作りますよ~~(笑)

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。