【地震データ】全国地震予測地図2017版が出てます。地図上で地震発生場所をプロットできるIRIS【地震雲ツイートが増えているので】

スポンサーリンク
広告

全国地震動予測地図2017年版

が、地震本部から4月27日に発表されています。

確率論的にマップも紹介されていて、2016年版からは、ほとんど変更ないようです。

まぁ、確率ですからねぇ。。

これまで、あまり予想されていないところで、大地震が起こっていることを考えると・・西日本が危ないのかな?

地震雲ツイートが急に増えてるので

この1か月、あんまり地震雲のこと言われないような感じでしたが、ヤフーリアルタイム検索を少し見てみたら・・今日増えてる。。 場所は九州と茨城

【地震予知】大地震発生直前の電離圏異常を検出 ということは 地震雲も・・【次の満月は3月12日】
熊本地震の時にも、電離層異常が観測されていた 京大が発表していますね。 でも・・この図って福島沖じゃないのかな?(笑) 図2:...
【地震予知?】予兆は、あるのかも・・・地震雲≒電子数≒電離層 スーパームーン≒満月≒惑星軌道なのかな?【トリガー?】
地震雲≒電子数 大阪で、地震雲のツイートがたくさんあったんで、気になって調べだしたんですが もともと、雷の研究していたので、雲の水や...

などなどで、なんとなく地震雲も電磁波も関係してそうなので・・・こういうものも予想に使えばとも思うんだけど・・・ それと、日本の地震予想は観測に基づくものが多いんですが、観測網が、世界のと、少し違うようで、世界的に出されているデータと日本のデータが少し違うように見えます。

地震学のための統合された研究機関(世界)

IRIS(Incorporated Research Institutions for Seismology)という研究機関が、地震の発生マップを提供してくれています。

 例えば、4月~5月の地震発生場所は、

色は深さを表していて、円の大きさが震度を表しています。

これを見ると、東南海が全く揺れていないですね。 大地震が来るときって、揺れてない所、あるいは、小さい地震が群発しだした所のどちらか。。

3Dでも見える

同じものを3Dでも見えます。

伊豆・小笠原海溝の西側でプレートの沈み込みの深い所で揺れているんですね。それ以外は、浅いところばかり。

このようなデータが見れるようになっているのは素晴らしいですね。

日本でも

防災地震WebというNEID(防災科学技術研究所)が出しているものがあります。

ここを見ると、高感度で観測しているようで、IRISとはまた違ったデータが見れますね。

ちなみに地震速報はこちらのサイトから見れます。

日本でもIRISのデータを使って地図化(地図蔵というサイト)されている方がいますね。

地震は

火山は

そのほかに、地震情報をまとめているJ-JISというところもあります。

ここは、いわゆる宏観異常現象を、みんなで集めて・・というのもやっているようです。

新しく発見したサイト類の紹介になっちゃった(^^;

次の満月は・・5月11日

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/204889
こんな記事が出ているので・・・ 少し注意しておくといいかもしれません
満月 2017年5月11日(木)06:42
新月 2017年5月26日(金)04:44
満月 2017年6月9日(金)22:10
新月 2017年6月24日(土)11:31

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。