【ESP32】Arduino IDEをVSCODEで動かす。。ちょいはまり。。。pins_arduino.hがないとか。。【M5Stack】

スポンサーリンク
広告

Arduino IDE ってWindows Store 版と通常インストール版があるのね。

M5StackやESP32のソフト作成で、簡単にArduino IDEを使っているんですが、少し大きなファイルや分割されたファイルにして作るのに、Visual Studio Codeというエディタを使うと便利かな?って思って。。 やりだしたら。。ハマりました(笑)

その。。 原因は。。。 僕いろいろとArduino IDEを入れているってことが一つと。。VSCODEのArudino拡張が、少しバグがあるのか?ボードマネージャーを毎回入れ直してあげないとコンパイルが通らないってことがわかりました(笑)

Windows Store版と、InstallerバージョンのIDEが入っていまして、どっちのArduino IDEを使うのか? などなど。。 いろいろめんどくさかったので(笑)

たぶん、普通にArduino IDEを入れている人はこのようなことにならないかと思いますが。。忘備録として。。

参考になったサイト

VS Code で ESP-WROOM-32 - Qiita
目標 VSCode を使って ESP32 で LED Blink = Lチカ をします。 なんと、せっかくWi-Fi と BLE が使えるボードなのに全く使用しておりません。 前提条件 ハード ESP32 ESPD...
Arduinoでライブラリの影響でビルドエラーが発生したり挙動がおかしい時の対処
Arduinoでスケッチを作成する際にはライブラリを使う事が多い。 数多くのライブラリが公開・提供されており、…
Arduino IDEがおかしくなった時のリセット方法
ライブラリやボード情報を多数追加したり、IDEを更新しているとビルドが通らなくなったり挙動がおかしくなってしま…
ESP32/arduino : arduino IDE の Update (再インストール)
目的: arduino IDE を最新版に更新する手順を記録しておく。 手順: ダウンロードと解凍等 (2020/04/23 修正) 旧バージョンと共存する場合 (1) から、最新版の ...
ArduinoIDEの便利技 | ラズパイ好きの日記
 M5Stackに手を出してから、ESP-WROOM-02、ESP-WROOM-32、M5Stack、、、と言う風にESP系のコンパイル作業が多くなりました。そこで困るのがボードの切り替えです。。。ボードを切り替えてCOMポートも変更しなければならず不便です。そんな時に使える便利技があったので紹介します。環境について ...
WindowsへのArduino IDEインストール | ESPでArduino
通常はArduinoホームページから「 Windows Installer 」をダウンロードしてインストールします。 Arduino IDEのアップデートがあり、arduino-1.8.10-windowsになりました。2019/9/23 新規インストールなら従来と同じです。旧バージョンからのアップデートの詳細はこちら...

参考になったこと。

WindowsのArduino IDEにはportable版があり、展開、インストール後、Arduino IDEを起動する前に arduino.exe の有るディレクトリに portable ディレクトリを作成すると C:\user\name\下 を汚さずにArduino IDEを利用する事が可能になります。

Visual Studio Codeでコンパイルが通らない

pins_arudion.hが見つからないなどの症状がでる。。

解決策

コンパイルが通らない時、Ctrl+shift+p でArudino:Board Manager で ボード情報をRemove, 再インストール する と動く → packages の boards.txt がうまく読み込めていないため。。 pins_Arduino.hが見つけられていないためですね。

この方法しか今は思いついていませんが。。いい方法があれば、誰か教えてほしいです(笑)

どこかに何か設定方法があるんだと思いますが。。 今、一応、解決しているので。。

うまく行った時のVisual studio codeのArduino拡張の設定類

Settings.json

{
    "python.pythonPath": "C:\\Users\\tom2r\\Anaconda3\\envs\\py37Pyplayers",
    "arduino.commandPath": "arduino_debug.exe",
    "arduino.logLevel": "info",
    "arduino.allowPDEFiletype": false, 
    "arduino.enableUSBDetection": true,
    "arduino.disableTestingOpen": false,
    "arduino.skipHeaderProvider": false,
    "arduino.additionalUrls": [
        "https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json",
        "http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json"
    ],
    "git.autofetch": true,
    "diffEditor.ignoreTrimWhitespace": false,
    "C_Cpp.default.browse.path": [],
    "C_Cpp.default.systemIncludePath": [],
    "C_Cpp.intelliSenseEngine": "Tag Parser",
    "arduino.path": "C:\\Program Files (x86)\\Arduino"
}

それぞれのスケッチのあるフォルダの中になる.vscode配下のファイル類

arduino.json

{
"port": "COM4",
"board": "esp32:esp32:m5stack-core-esp32",
"configuration": "FlashMode=qio,FlashFreq=80,PartitionScheme=default,UploadSpeed=921600,DebugLevel=none",
"sketch": "M5SDtest.ino"
}

c_cpp_properties.json

 
{
"configurations": [
{
"name": "Win32",
"includePath": [
"C:\\Users\\tom2r\\AppData\\Local\\Arduino15\\packages\\esp32\\tools\\**",
"C:\\Users\\tom2r\\AppData\\Local\\Arduino15\\packages\\esp32\\hardware\\esp32\\1.0.4\\**",
"C:\\Users\\tom2r\\AppData\\Local\\Arduino15\\packages\\esp8266\\tools\\**"
],
"forcedInclude": [],
"intelliSenseMode": "msvc-x64",
"compilerPath": "C:/Program Files (x86)/Microsoft Visual Studio/2019/Community/VC/Tools/MSVC/14.25.28610/bin/Hostx64/x64/cl.exe",
"cStandard": "c11",
"cppStandard": "c++17"
}
],
"version": 4
}

なお、VSCODEでArduino系を使うと。。エディターがよくなるだけですが、かなり便利です(笑)

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。