【FaaS】Azure Bot Service でChat Botを作ってみる。本当はLINEとFacebookとSkypeとSlackとかのメッセンジャーつなげたいんだけど【Botちゃうか?】

スポンサーリンク
広告

こないだからFunction As a Serviceとか。。

Google や OSS(AppScale とか Subutai とか)、AWSについて書いていますが、

【GAE】Googleクラウドと Amazonクラウドを統合するP2P?IaaS【Social Cloud】
GAS便利ですねぇ~ こないだ、予約システムをGoogle App Scriptで作ってみたら結構便利なんだなぁと関心して Goog...

もともとは予約システムが作りたかったからなんですね(笑)。

【GAS】Google Form + SpreadSheetで作る予約システムを作ってみた 簡単ですね。【Google App Script】
予約システムのいろいろ いろいろ予約システムをいじってみて GCPと、AWSなどを比較したりしてみて・・ やっぱりGoogle...

で・・・ふとOutlookのメールをみてたら。。IFTTTのようなMicrosoft Flowなるものが出てて、メールを受けたら、Excelに入れて、それをGmailで送るなんていうワークフローが記述できるようになってる。Google App Engineも凄いけど、Microsoftは、かなり沢山のAPIとの接続テンプレートが用意されているようで・・・

MicrosoftのAzureもどんどんよくなっているんですね。

Azureの無料アカウント枠で、ちょっとBotを作ってみようかと(笑) まだBeta版ですが、Azure Bot Serviceというのがあります。(だいぶ前から気になっていたんですが。。バグだらけという話もあったので・・)

Azureのアカウント作成

電話番号も、カード番号も入れないといけないから、ちょっとハードル高いですね(笑)でも、一応、お金はかからないらしいので、無料枠で、アカウントを作成しました。

Microsoft Azure

から作ります。作り方は公式情報あるので・・・そちらを見てもらう方がいいかも。。

とりあえず作ったボット、SkypeとWeb用だけですが・・

こんな感じです(笑)

簡単に作れるんですねぇ~

ログインすると、ダッシュボードが出てきますので +新規 を押します

Azure Marketplaceというメニュの中に、Data+Analytics というのがあるので、そこをクリックすると、右に Bot Service (preview)が出てきます。

アプリ名と、場所(たぶんアプリがデプロイされる場所)を適当に選んで、作成ボタンを押します。

ダッシュボードに強制的に戻って、Bot Service が デプロイ中になります。

しばらくこんな画面で待つと、App IDを作れというボタンが出てくるので、押してみます。

アプリIDとパスワード生成というタブに移るので、アプリパスワードを生成して続行を押します。

パスワードが生成されるので、コピーしておきます

言語を選んで、 Basicというテンプレートを選んで 作成

しばらく、こんな画面が現れます(笑)

コードの画面です。ここでコードの変更をしますが、そのままでいいでしょう(笑)

で、とりあえず、動いているかどうかを試すには、SkypeかWeb Chatを使います。今回はWeb Chatを使いました。

これみてもらうと分かるように、mail, Facebook messenger, kik, slackなどのBotが作れるみたいですね。

自分で、Direct Connectというのを作れば、他のサービスとも連携できるそうです。

Connect a bot to Direct Line
Learn how to configure a bot's connection to Direct Line.

これを見たので、ちょっとやってみたんですけどね(笑)

で、Web Chatの 埋め込みコードを取得するには、右の方にあるGet bot embed codesをクリックし、Web Chatのアイコンをクリックして、Click here to open the web Chat configuration pageをクリック

そうすると、<iframe で始まる コードがありますので、それと、Secret keys をコピーしてきて、貼りたいWebに張り付ければできあがり。

で、最初に、Welcome とか you saidとかになっているので、Welcomeは、run.csxにあるので、それを、「ようこそ」に変えて、you saidは、EchoDialog.csxにあるので、それを「ちゃうかぁ?」に変えてみました。

動いた感じは、こんな感じです。

いやぁ~ 簡単ですね。 って エコーするだけならねぇ~。。

開発環境と、デプロイと、マーケットプレースが一つになってて、コンテナというかCPUも使えて、Cognitiveというニューラルネットなんかも使えて、Networkも組めて、CDNも作れる。。えらい簡単なことになってますねぇ

本当は、

INST Messenger | LINE@,Facebook Messenger連携できるビジネスチャット
INST ChatはB2C利用に特化したチャットサービスです。Skype,FacebookMessenger,LINEなどを利用しているユーザーとのチャットを一元管理できます。

このサービスが欲しいんだけどなぁ~~ 

Udemy No coding Chatbots

これとかやってみるかな?

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。