【依存関係】ソースコードの可視化ツール Sourcetrailを入れてみた。【C,C++,Python,Java】

スポンサーリンク
広告

Sourcetrail

ちょっと前に、少し話題になってたので。。気になって入れてみました。ソースコードを可視化してくれるツールだそうです。

Sourcetrail - The open-source cross-platform source explorer
Sourcetrail uses static analysis to provide code search and dependency visualization that lets you understand, refactor and maintain unfamiliar source code.

ダウンロードとインストールは簡単です。(Windows,Linux,Mac用すべてあります)

使い方は、ここを見て。。 なんか最初に言語を選んだり、Cmakeを使っているとJsonの形式を作ったりとか。。あるみたい。

Sourcetrail - Documentation

で。。使ってみた。ファイルを見て、mainで使っている関数みて、

tictactoe.start()の start を 見たり。。Class定義の中の変数をおっかけてみたり。。
Sourcetrail でPythonファイルを見てみる

という感じ(笑)

見ている分には、面白い。。

で。。VScodeとかで追っかけてたりするのは。。右クリックで、定義を見るとか。。

Referenceを探すとか。。で出てくるので。。

慣れの問題かもしれないけど。。見やすいのかもしれない(笑)

あと、最初のプロジェクトファイルを作ってIndexができるまで、結構待たされます。まぁあたりまえかもですが。。

Terapadとか昔のエディタだと、クラス定義の中にある関数とかを検索するの難しかったけど。。今のエディタとかには、いろいろな機能ついているので。。

ソースは、こちらです。

GitHub - CoatiSoftware/Sourcetrail: Sourcetrail - free and open-source interactive source explorer

しかし、このソース見てみたら、JavaScriptからC++などいろんな言語が使われてます。凄いですねぇ。。

そういうのにはいいのかも??

ちなみに。。この他にも、コードを可視化するツールっていろいろあるんですね。

GitHub - Bogdan-Lyashenko/codecrumbs: Learn, design or document codebase by putting breadcrumbs in source code. Live updates, multi-language support and more.
GitHub - prg-titech/Kanon: A live programming environment specialized for data structure programming.

何に、興味があるって。。 プログラムだと構文がしっかりしているので

この上のKanonってやつみたいに、フローチャートが書けるんですよね。。。

自然言語でも、そういうのが書けたら、文書要約とか、議論まとめとかいろいろできるのになぁ~って(笑) そんなことを思いながら。。。

ソース見てみようって思ったけど。。 膨大すぎて。。あきらめた(笑)

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。