【凸凹こだいら】小平市の等高線を書いてみた。標高70mラインを歩くとタイムスリップ旅行が出来そう!!【西高東低】

標高50mラインを歩く??

多摩武蔵野スリバチ学会というのがあって、多摩のスリバチ状になってる地形を楽しんでいる会のブログに、標高50mラインを歩くという記事がありました。

これは、西武柳沢から吉祥寺を歩くという会の時ですね。

そうか。。こういう歩きかたしても面白いのかな?

凸凹マップも前に作ってあったので

小平 すっごく平だけど・・3D地図 遺跡と湧水地と玉川上水 
凄く平らなので、小平。。 だけど・・凸凹 武蔵野台地の上に乗っかってて、グリーンロードという玉川上水が通っているということで、このあたりで...

小平だとどうなるんだろう??って調べてみました。国土地理院マップに、自分で等高線を描くというモードがあるので、書いてみました。

まずは全体の標高を5mごとに表示

赤で囲ったところが小平市です。なんとまぁ、武蔵野台地の上にあるので、きれいに西高東低ですね。一番高いところは、鷹の台の山だ!って言ってたのですが。。やはり。。西の端みたいです。

一番標高の高いところは、98.6mくらいのようです。

ちなみに鷹の台の山は、90.4mでした。

最低標高のところは?

最低標高のところは、仲間内では、例の三角形のところだ!って言ってたんですが・・・調べてみると。。東の端です(笑) 58.6mでした。

水は高いところから低いところに流れるから、やっぱりそうですよね。

そうそう。。水で言うと、西から東に、流れていないポイントが小平にあるそうです!! これまた、面白いので、そのうち特集しますね!(笑)

結論 小平に標高50mラインはない!

そうですよね。ないですよね(笑)

70mラインは歴史タイムスリップの道?

70mラインを歩くとしたら。。 花小金井・武蔵小金井間を、平たんに歩くことができそうです(笑)

途中道ないところありますが(笑)

このラインだと、武蔵小金井から出発して、小金井公園の江戸東京たてもの園を見て、鈴木遺跡とかを見ての歴史コースになりますね。21世紀から江戸時代、旧石器時代までタイムスリップできます。花小金井周辺には、サインカフェAmicaHana-cafeなど最近かわいいカフェもできているので、散策コースとしてはいいかもです。

71.5mラインは?

もっと道ないけど。。71.5mラインも面白いです。 こちらは、小平・国分寺間です。

これの方が道ないところが多いですが、わずか50cmの高さ違いで、行けるようです。

こちらも鈴木遺跡に近いところを通りますね。あとは、小平ふるさと村も近くにありますね。

スリバチ学会には入れないですね(笑)

ということで、スリバチ学会には小平は入会できそうにないですが、標高しばりで歩くとなかなか面白い散歩ができるかもです。

花小金井・武蔵小金井間はだいたい僕の足でまっすぐに歩くと40分くらいですから、このルートだと1時間~1時間半くらい。小平・国分寺ルートは2時間くらいかな?

平たん過ぎて情緒がないと言われる小平ですが、平たんを楽しんでみるのも、また面白いかも。。

もっと見てみたい方は、国土地理院の3Dマップで直接見てみてください。72mラインとかいろいろあるかも知れません(笑)

国土地理院の3Dマップで見る

  • 12
    シェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク




PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com