小村大への陳情署名を集めています

既報の通り、小平市議会へ提出した陳情は審議されることもなく議員等への配付で終わりました。「市民参加の検討委員会を設置してほしい」という私たちの要請は、本来、焼却施設建て替え計画を進めている小平・村山・大和衛生組合(小村大と略)に対するものなので、あらためて小村大に同趣旨の陳情を提出することにしました。小村大議会では陳情もきちんと審議される慣例となっています。陳情者は三市ごみ連絡会と、その構成団体である小平市、武蔵村山市、東大和市の3つの市民団体となり、陳情内容は、提出先の変更により多少表現の手直しをしています。

小村大の11月議会の陳情締め切りは11月8日なので、当面11月5日の締め切りで署名を集めております。時間がありませんが、ぜひご協力をよろしくお願いいたします。署名を集める場合は、下からダウンロードした陳情文書と署名欄を必ずA4裏表か、A3見開きで一体的に印刷したものでお願いします。

%e3%81%93%e3%82%99%e3%81%bf%e6%b8%9b%e9%87%8f%e3%81%a8%e5%b8%82%e6%b0%91%e5%8f%82%e5%8a%a0%e3%81%ae%e9%99%b3%e6%83%85-%e5%b0%8f%e6%9d%91%e5%a4%a7-%e6%9c%80%e7%b5%82

小村大議会は11月22日(火)午前9時半から開かれます。ホームページにその期日も出ていない閉鎖的な議会ですので、傍聴に行って議論を注視し、もっと積極的に情報公開、市民参加を進めるべきことをアピールしましょう! (文責 深澤)

〜〜小村大への陳情文書〜〜

ごみ減量施策の早急な推進と

焼却施設建て替えのための市民参加の検討委員会設置について

 

陳情理由

小平、武蔵村山、東大和の3市市長と小平・村山・大和衛生組合(以下、小村大と略)管理者は2015年11月、焼却施設の建て替え等に関して合意し、施設規模の上限を日量243トンとして規模縮小に努め、2020年度着工、2024年度竣工を目標としています。

こうした具体的な目標、期限が示された今こそ、ごみ減量の取り組みを急いで推進する必要があります。それにはまず、市民がごみ処理の状況をはっきり認識するよう広報を強化すること、ごみ減量の目標を具体的に決め、その実現に向け、あらゆるごみ減量施策を動員して市民の協力を呼びかけることが求められます。

焼却施設の建て替えは、現在の小村大の敷地を利用して行われるため、4年間の工事期間中は現存の焼却炉1炉だけで稼働することになります。したがって、可燃ごみ全量を焼却することはできず、他の自治体に焼却をお願いしなくてはなりません。委託を受ける自治体の住民感情を考えると、3市の市民がごみ減量にどれだけ真剣に取り組んでいるかが問われることでしょう。この際、3市としてはごみ・資源分別の徹底、「生ごみの3切り」(水切り、食べ切り、使い切り)の展開、生ごみ資源化の拡充、家庭ごみ有料化(東大和市は実施済み)など、あらゆる減量施策の検討、推進が必要です。こうした取り組みの推進によって、更新される焼却施設の規模を縮小し、建設費や維持管理費の節減や、他市に支払う委託費の増加を抑えることができます。

これらのごみ減量施策は市民の協力、支持なしには到底実現できません。行政には、市民がなぜこうした減量策を手間暇かけてする必要があるのか、丁寧に説明し、納得を得る努力が求められます。その上で、小村大には市民参加の施設検討委員会を設置して、十分な情報提供を行い、対等な立場で協議を尽くし、協議内容を市民目線で広報し、市民の関心を呼び起こすことでごみ減量への市民の参加、協力を促すことが重要です。

陳情項目

1 ごみ焼却施設の建て替えを前に、構成3市があらゆるごみ減量施策を早急に推進するよう、小平・村山・大和衛生組合として働きかけること。

2 ごみ焼却施設の建て替えにあたっては、小平・村山・大和衛生組合は市民参加の施設検討委員会を設置して市民に十分な情報を提供し、市民と行政が対等の立場で協議を尽くすよう努めること。

 2016年11月 

陳情者

三市ごみ連絡会   代 表 髙梨 孝輔

〒187-0045 小平市学園西町1丁目6番3号 ℡042-342-0953

NPO法人 小平・環境の会  理事長 島 京子

NPO法人 東大和ごみレスくらぶ 理事長 尾崎美佐子

環境を考える市民の会・むさし村山 会 長 林 治代

 

小平・村山・大和衛生組合議会議長 関田 貢 殿

11/23(水・祝)学習会 どこまでできる? ごみ減らし  〜焼却炉建て替えを前に、一歩先を行く近隣市に学ぼう〜

小平・村山・大和衛生組合(小平市中島町)の焼却施設は老朽化のため建て替えが計画されています(2020年度着工、2024年竣工、現時点の規模、日量243トン以下)。

できるだけコンパクトで、できるだけ環境に負荷をかけない施設にしてほしいと私たちは願っています。そのためには、市民は市と力を合わせ、これまで以上にごみ減量に取り組む必要があります。

ごみ減量は一朝一夕にできることではありません。幸い、多摩地域にはごみ改革で可燃ごみ半減に成功した日野市、人口10万-50万人の市で日本一ごみ排出量が少ない小金井市があります。両市のごみ減量の取り組みに学び、私たちも思い切ったごみ減量を実現しようではありませんか!

市民の皆さんの参加を呼びかけます。

日 時:20161123日(水・祝) 

       午後1時30分〜4時30分(予定)

 会 場:小平市中央公民館 講座室1

(西武多摩湖線 青梅街道駅下車。徒歩5分。☎042-341-0861)

 講 師:小野寺勲さん(ごみ・環境ビジョン21理事、日野市ごみ審委員)

    加藤了教さん(小金井市ごみゼロ化推進会議啓発部会長)

    小平市環境部 資源循環課担当者

  ★お話を聞いた後、ワークショップ形式で意見交換し、

   知恵を出し合いましょう★

主催 NPO法人 小平・環境の会 [問合せ:☎042-332-2647(島)]

後援 小平市(申請中)

小平市議会へ陳情 「ごみ減量施策の早急な推進と焼却施設建て替えのための市民参加の検討委員会設置について」を提出

私たちは小平市議会での請願可決をめざし市議会全会派と話し合いを持ちましたが、残念ながら多数の賛同を得られないことがわかり、請願を陳情に替え8月22日提出しました。紹介議員を通して提出し、委員会で審査される請願と異なり、陳情は議員や市長に配付されて終わりです。

陳情理由に「焼却施設の(‥)4年間の工事期間中は(‥)可燃ごみ全量を焼却することはできず、他の自治体に焼却をお願いしなくてはなりません。委託を受ける自治体の住民感情を考えると、小平市の市民がごみ減量にどれだけ真剣に取り組んでいるかが問われることでしょう」と記し、次の二つの陳情項目を掲げました(全文はこちら↓ 署名はもう集めていません)。

%e3%81%93%e3%82%99%e3%81%bf%e6%b8%9b%e9%87%8f%e3%81%a8%e5%b8%82%e6%b0%91%e5%8f%82%e5%8a%a0%e3%81%ae%e9%99%b3%e6%83%85-%e7%bd%b2%e5%90%8d20%e4%ba%ba

 1 ごみ焼却施設の建て替えを前に、小平市はあらゆるごみ減量施策を早急に推進すること。

 2 ごみ焼却施設の建て替えにあたっては、小平・村山・大和衛生組合は市民参加の施設検討委員会を設置して市民に十分な情報を提供し、市民と行政が対等の立場で協議を尽くすよう小平市として働きかけること。

 前回の焼却炉建て替え計画の際は、1998~99年に公募市民を交えた循環型ごみ処理施設検討懇談会が開かれました。懇談会の最終報告と異なり、実際には焼却炉は改修・延命されることとなり、私たちはそれを歓迎しました。しかし、今回の建て替え計画はもっぱら行政主導で進められており、「市民参加」の面では前回より後退していると言わざるをえません。市議会議員の間でも、市民参加の検討委員会設置に後ろ向きな考えの人が少なくないことに驚き、失望しました。

次は検討委員会を設ける主体である、小平・村山・大和衛生組合への請願または陳情の提出に取り組みたいと考えています。私たち市民の出すごみを燃やす施設がどうあるべきか、そのために市民が努力できることはどれだけあるのか、ごみ行政はもっと市民の主体的な関わりの中で進められるべきではないでしょうか? (深澤) 会報わおん78号(2016.9.30発行)より。

記念誌「プラスチックごみ-この処理困難物をどうする? ~専門家と市民の視点から~」発行

昨年度、小平・環境の会設立20周年の記念として、冊子「プラスチックごみ-この処理困難物をどうする? ~専門家と市民の視点から~」(2015年9月、44ページ、頒布価格300円)を発行しました。

「プラは燃やす? リサイクルする?」 簡単には答えの出ない問題について、様々な立場の専門家、市民から意見を寄せていただきました。

まだ十分在庫がありますので、お読みになりたい方はお問い合わせください。

プラ冊子表紙

続きを読む 記念誌「プラスチックごみ-この処理困難物をどうする? ~専門家と市民の視点から~」発行

【他団体のイベント】秋の市民ごみ大学セミナー (ごみ環境ビジョン 21・クリーンむさしのを推進する会 共催)

秋の市民ごみ大学セミナー (ごみ環境ビジョン 21・クリーンむさしのを推進する会 共催)

10 月 16 日(日)13:30~ むさしのプレイス にて開催

「海ごみ」をテーマに、プラスチックごみについて考えます。

Google Calendarへ登録 PC ・ Mobile
続きを読む 【他団体のイベント】秋の市民ごみ大学セミナー (ごみ環境ビジョン 21・クリーンむさしのを推進する会 共催)

【他団体のイベント情報】第 21 回東京 23 区とことん討論会

7 月 29 日(金)9:45~18:00

会場: 千代田区役所 1F 区民ホール

資料代: 一般(1000 円)、学生(500 円)

10:00~11:45 基調講演 プラスチックスープの海とプラごみ削減

ープラ混じりの魚、食べますか?― 高田秀重東京農工大学農学部環境資源科学科教授ー

 

霜里農場見学記

環音77号より

最後に埼玉県小川町の霜里農場に行ってってから、もう 10 年近くが経つだろうか?

小平市小川町の畑部会員の女性 4 名は、東武東上線の小川町駅で降り、小川町の情報発信を担う「NPO 生活工房つばさ・游」が経営する『ベリカフェ』で有機野菜を使った美味しいランチを頂き、タクシーで霜里農場へ向かった。 続きを読む 霜里農場見学記

<報告>生ごみリサイクル交流集会 in 多摩 2016(わおん77号より)

生ごみリサイクル交流集会 in 多摩 2016

主催:NPOごみ・環境ビジョン21+実行委員会

6 月 18 日(土)国分寺労政会館において 8 回目の交流集会が開かれました。行政・市民団体・障害者施設の3 者協働によるダンボールコンポストの普及事業について行政と NPO 法人の 2 者から、生ごみのバイオエネルギー化事業についても行政と民間企業から報告があり、生ごみと軽量発泡コンクリート廃材をリサイクルしてできた、屋上緑化用の人工軽量土壌が紹介されました。 続きを読む <報告>生ごみリサイクル交流集会 in 多摩 2016(わおん77号より)

未来の子どもたちに安全・安心な地球を残したい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。