「 2016 5月」のアーカイブを表示中です。

哲琴 のプロフィール写真

投稿者: 哲琴

「いとおかし」の使い方

2016年5月13日 (コラム, 俳句, 川柳)

「いとおかし」 趣きがあるよね。

このHPにGoogle検索から、「いとおかし」「使い方」で1週間で100人以上の方が来ているようです。こっちに来ているのですが・・(笑)

少し悪いなぁ~って思ったので、僕なりの言葉の概念論を「いとおかし」で書いてみようって思います(笑)

正しい使い方は、WikiやWeblioなどで見てもらうとして、僕の説を少し書きますね。

言葉ってそんなに簡単な概念じゃないと思っています。

たとえば、「白い」っていう言葉がありますよね。人それぞれに、「白い」の基準が違うとおもいません?茶色っぽい白も・・・青っぽい白も、全部、白って言う。言葉そのものの成り立ちって、人と人が共通の概念を持つために生まれたものであると思うんです。だから、辞書って変だな~って思うんですよね。しかも意味は多くの人が感じる概念の範囲を指し、示さないといけないんじゃないか?って思うんです。 で・・・「いとおかし」ですが・・・

「いと」っていうのは、「とても」とか「非常に」とか、強調するための意味をもっています。「いと素敵」だと、「とっても素敵 キラリン♪」というような感じですね。
「おかし」の方は、枕草子に出てきたところから始まっているようで、「をかし」と書くのが正しい書き方のようです。


現代では、「おかし」っていうと、「おかしい」ということで、面白いとか、変だとかそういう意味ですよね。その意味もあるようですが、辞書だと、「趣きがある」って書かれているものが、多いです。先に書いたように、言葉の用法と概念は一つの言葉で言い表せないものなのかもしれないなって思います。

ちなみに、受験で出てくるのは、「いとおかし」「もののあはれ」 どちらも 「趣がある」 の意味だけど、違いは、

「いとおかし」 : 「明るく知的な美に対して趣きがあること」

「もののあはれ」: 「しみじみと情緒的な美に対して趣きがあること」

って覚えておけばOKでしょうね(笑)

でも本当は、用法と意味・概念は、たくさんこの言葉を使った清少納言の使い方から、想像するのが、本当の意味のような気がします。実際の使われ方と、現代訳がのっているこちらのページが参考になります。

僕の解釈ですが、今の言葉でいうと「おかしい」「すごい」「美しい」「素敵だ」「可愛らしい」「いとおしい」「見事な」「こっけいな」「いいな」などの意味がいろいろ含まれているように思います。

今の若い人が使う「ヤバい」とかに似ているんじゃないかな?

って思います。清少納言が感動した時の口癖なんじゃないかな?って思うんですよね。

このHPでは、Facebookでいうところの「いいね」の意味です。

それでは、ここの登録方法は、ここにありますので、是非! 俳句や川柳を詠んだり、読んだりして・・ 「いとおかし」の感覚をつかんでください。

妄想委員会のKindle本出しましたこちらもよろしくお願いします。

なお、このHPの制作・管理者は、Tom’s Hobbyと同じ人です。本サイトの方もよろしく!

 

哲琴 のプロフィール写真

投稿者: 哲琴

【七十二候】蚯蚓出 5月10日~

2016年5月9日 (コラム, 七十二候, 俳句, 川柳)

5月10日から七十二候では「蚯蚓出」ですね。

って・・・なんて読むのか(笑) (みみずいずる)って読むそうです。

家庭菜園やコンポストをするようになって、微生物や、生き物の力って凄いなって思うようになりました。ミミズコンポストは、やってないですけど、いつかはやってみたいなって思っています。ミミズコンポストでできるものって、ミミズの糞なんですが、実はこれ、糞というより、微生物なんですよね。動物の糞も、食物繊維とか言われていますが、その量は、微生物の死骸で決まるそうです。腸内フローラとか腸内環境とかよく言われていますが、腸内にどれだけ微生物がいるかどうかで健康とかにも関係するんですね。最近では、腸にいる微生物を移植するという治療法もあるそうです。ミミズは、有機物を微生物で分解するための腸の役割をしているんですね。普通にコンポストを作るより効率的に窒素・リン・カリが多くなるそうです。というのが通説ですが、ミミズの力だけで分解する量ってそれほど多い量ではなさそうですけど。。

ところで、ミミズは、なぜこの時期に土からでてくるんでしょうかね?

これには諸説あるようで、まだ理由が特定されていないようですね。5月10日ごろには、雨がよく降って土中の酸素量が減り外に飛び出すということがよく言われている理由ですが、どうもそれだけではないようです。詳しいことしってる方は、教えてくださ~い(笑)。

哲琴 のプロフィール写真

投稿者: 哲琴

【コラムお題】歳時記のサイト

2016年5月7日 (コラム, 俳句, 川柳)

歳時記

家庭菜園をやると、歳時記というか、二十四節気・七十二候というものが本当によくできているな!って思います。日本の気候に合わせて行事を行うようにしているので、何をしないといけないか?ってことがよくわかります。

Facebookだと、暮らし歳時記のページがきれいだし毎日更新してくれるので、いいですね。

ああ、もう立夏で夏なんだなぁ~っていうのがわかるし、もうカエルが鳴きはじめる頃で、田んぼに水が入ってたり、田植えをする頃だなぁって・・・最近は早稲のものが多いのでゴールデンウィーク前に田植えするところも多いですけどね・・(上の画像は、暮らしの歳時記さんから直接リンクで表示させています。なので、気や候が変わると、画像も変わっているかもしれないですね。この記事を書いているのは、5月の連休中ということで・・・)

Twitterだと、@haiker575  日々の歳時記 も毎日更新してくれていますね。


こんなのを、見てると、みんな同じような句になっちゃうんですが、それでも、季節を感じて詠むっていいですよね。