【メモ】Raspberry Pi Picoで200kHzの2chオシロつくれるの??【オープンソース】

完全にメモ

Raspberry Pi Pico 200Khz Digital Oscilloscope
Raspberry Pi Pico 200Khz Digital Oscilloscope: A Waveform analyzer, Signal generator and logic tester in a small PI PICO. With a dedicated application, Runs on ...
GitHub - fhdm-dev/scoppy-pico: RPi Pico/RP2040 firmware for the Scoppy Oscilloscope
RPi Pico/RP2040 firmware for the Scoppy Oscilloscope - GitHub - fhdm-dev/scoppy-pico: RPi Pico/RP2040 firmware for the Scoppy Oscilloscope
https://oscilloscope.fhdm.xyz/wiki/Installation-&-Getting-Started
GitHub - analogdevicesinc/scopy: A software oscilloscope and signal analysis toolset
A software oscilloscope and signal analysis toolset - GitHub - analogdevicesinc/scopy: A software oscilloscope and signal analysis toolset

フロントエンドだけで作れるのか??

これメモリーどうなってるのかな? Raspberry Pi Pico調べようっと。。

Raspberry Pi Documentation - Raspberry Pi Pico and Pico W
The official documentation for Raspberry Pi computers and microcontrollers

AD 4Chついてるのか。。ESP32のADは時間かかってサンプル取れないけど。。

クリックしてpico-datasheet.pdfにアクセス

クリックしてraspberry-pi-pico-python-sdk.pdfにアクセス

クリックしてrp2040-datasheet.pdfにアクセス

500ksampleが2Ch (1chは基準電圧用)FFT 250kHzとか持ってるのね。rp2040なめてた。。そのままある程度の計測器としてはこっちのほうがいいかも??

スポンサーリンク
広告

エラッタ RP2040-E11

E11 Eratta (エラッタ RP2040-E11)があるみたいですね。 512の逓倍のところくらいで、ADが不連続になる感じですかね?(0~4096)

ADC has very high DNL spikes and low-noise mode has more noise. · Issue #91 · raspberrypi/pico-feedback
I have been working on testing some of the ADC parameters, as the datasheet is a little light. And it looks like there are significant DNL excursions indicating...

バグ補正の方法なども掲載されていますね。動いている波形ならあまり問題ないのかも??FFT等すると顕著に出てきそうですね。

RP2040のADCの誤差の確認と簡単な補正プログラムのテスト
◆まえがき Raspberry Pi pico のCPUのRP2040 のADコンバーターは12ビットですが、バグ(エラッタ RP2040-E11)があるため実力は 7-8ビットくらいしかありません。 この記事ではその状況を確認すると共に、簡単な補正プログラムを作って効果を確認してみます。なお、この問題は現時点...

RP2040のデータシート

ErrataのFixかどうかなどもかなり詳しく掲載されていますね。

クリックしてrp2040_datasheet-2301107.pdfにアクセス

実際にやってみた!

USBケーブルが、OGTに対応してないとだめみたいです。

こんなの必要でした。

GPIO 22 (Signal Generator)とGPIO26 (CH1)を繋いだ状態です。

Signal Generatorは、3.3Vで、矩形・サイン波(PWM)が出せるみたい。サイン波はPWMなので、そのままみちゃうと、矩形波ですが(笑)

FFTもちゃんと効きますし。。これいいかも??

250kHzくらいまで見るオシロとしてはかなり優秀。

ちゃんとカーソルとかで計測もできます。

電圧範囲が5Vまでなので、これちょっとしたフロントエンドを作れば、そこそこのオシロもどきになりそうです。AD無しでここまでできるとフロントエンドと、Raspberry Pi Picoのケース作りたくなってきました。

Raspberry Pi Documentation - RP2040
The official documentation for Raspberry Pi computers and microcontrollers

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。