【雷センサ】AMS社 AS3935 雷距離センサー秋月ボードのデモプログラム【ESP32】

スポンサーリンク
広告

AS3935雷センサのつづき

【雷センサ】AMS社 AS3935 雷距離センサーのメモ 【ESP32】
雷の電界・磁界 僕、雷や電波の専門家なのですが(笑)通信機器の雷防護や強電界のこと、漏洩電磁界のことは詳しくて昔は観測もやってたのですが、...

このつづきです。

動作確認のプログラム

秋月のプログラムはArduino用でした。

◆評価用デモソフトウェア(Arduino UNO用)
AE_AS3935DEMO_a.zip(1.08MB)

I2CでAS3935の読み書きをするようです。FrequencyCounterというライブラリがArduinoにしか対応していないようで、ESP32ではコンパイルも通りません。

ということでESP32かM5Stack用に書き換えをしてみます。

esp32_LightningDetector/esp32_LightningDetector.ino at master · merlinmb/esp32_LightningDetector
AS3935 Implementation (ThunderClick Board) on an ESP32 Arduino - esp32_LightningDetector/esp32_LightningDetector.ino at master · merlinmb/esp32_LightningDetecto...

これと

AS3935-ESP-I2C/docs/md at master · trombik/AS3935-ESP-I2C
AS3935 I2C library for ESP8266. Contribute to trombik/AS3935-ESP-I2C development by creating an account on GitHub.

これを参考にして。。

どうもこのSchematicsを見ると、秋月のと同じような開発基板です(SPIでも動く仕様なのかな?)

GitHub - merlinmb/esp32_LightningDetector: AS3935 Implementation (ThunderClick Board) on an ESP32 Arduino
AS3935 Implementation (ThunderClick Board) on an ESP32 Arduino - GitHub - merlinmb/esp32_LightningDetector: AS3935 Implementation (ThunderClick Board) on an ESP...

AE-AS3955のピン 秋月のサンプル ESP32のピン配列を並べます

センサ/MPU AE-AS3955 Arduino UNO ESP32/M5Stack
I2C SDA A4 (SDA) GPIO21 (SDA)
I2C SCL A5 (SCL) GPIO22 (SCL)
割込み IRQ D5 GPIO17
グランド GND GND GND
電源 VDD 5V 5V

ここまでは、前回の復習

で。。配線はこのようにしました。

I2C Address は0x00 なんだけど、いつものようにI2CをScanして出てくるか確認

ESP32room/I2Cscan.ino at master · tom2rd/ESP32room
ESP32 sketch's . Contribute to tom2rd/ESP32room development by creating an account on GitHub.

まさかの0x00なので、0からスタートしてます(笑)

で。。書き直すのめんどうなので、定数だけでもGithubからとってこようかと見てたら

GitHub - christandlg/AS3935MI: mirror of https://bitbucket.org/christandlg/as3935mi (master branch only)
mirror of (master branch only) - GitHub - christandlg/AS3935MI: mirror of (master branch only)

なかなかいい素材がありました。 これをダウンロードして、Arduino IDEのライブラリーに追加し、exampleのAS3935MI_LightningDetector_I2C.inoを少し変更するだけで動きます。

AS3935MI_LightningDetector_I2C.inoの変更点

訂正前 #define PIN_IRQ 2

修正後 #define PIN_IRQ 17

../src/AS3935TwoWire.h の変更点

public:
    enum I2C_address_t : uint8_t
    {
        AS3935I2C_A01 = 0b01,

        AS3935I2C_A01 = 0b00,

に変えるだけで、動きました。

自動で周波数チューニングもやってくれるみたいです。

せっかくプログラム書こうと思ったけど動くやつがあったので。。う~む(笑)

これなかなか動作が面白い。500kHz (正確には、僕のは498KHzでしたが)のスパイクノイズを拾っているようで、トリガーがかかると、そのレベルを記憶して、フロアーノイズ(暗ノイズ)を自動で調整するようです。

プログラムしっかり見てみようかな?

AS3935雷センサー サンプルスケッチの動作 ノイズが多い所では。。
スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。