【電磁界シミュレーション】NEC2カードのショートリファレンス(プログラム編 Near Field)【NEC2】

スポンサーリンク
広告

電磁界シミュレーションシリーズ NEC2編 その4

ちょっとアンテナのことを計算しようとするのに便利な4NEC2・Xnec2など。。(このページでのNEC2記事はこちら

NEC2を使う場合に、すぐ忘れる NECファイルの意味を4NEC2についているショートリファレンスを元に、忘備録として少し解説を書いておきます。

なお、

マニュアル自体の日本語Google翻訳版 英語PDF版

ショートリファレンス英語PDF版

言っておくけど。。ここは、むっちゃ簡略版ですよ

その1のアンテナ構造編はこちら

【電磁界シミュレーション】NEC2カードのショートリファレンス(アンテナ構造編)【NEC2】
電磁界シミュレーションシリーズ NEC2編 ちょっとアンテナのことを計算しようとするのに便利な4NEC2・Xnec2など。。(このページで...

その2のプログラム編 給電・負荷・伝送線路・周波数 はこちら

【電磁界シミュレーション】NEC2カードのショートリファレンス(プログラム編 給電・負荷・伝送線路・周波数)【NEC2】
電磁界シミュレーションシリーズ NEC2編 その2 ちょっとアンテナのことを計算しようとするのに便利な4NEC2・Xnec2など。。(この...

その3のプログラム編 放射パターン はこちら

【電磁界シミュレーション】NEC2カードのショートリファレンス(プログラム編 RP Radiation pattern)【NEC2】
電磁界シミュレーションシリーズ NEC2編 その3 ちょっとアンテナのことを計算しようとするのに便利な4NEC2・Xnec2など。。(この...

で。。。実は、ショートリファレンスには記載がないんですが。。 ついでにマニュアルの方から。。

プログラムカード編の その3

Near Fields (NE, NH) 近傍電界 と 近傍磁界

NE I1~I4 F1~F6

磁界の場合は、NEのところをNH って書く

これ、座標系が直交座標で出せるので、高さ方向に振ったりする場合に便利です。

パラメーター:
   整数フィールド:
      NEAR(I1)-座標系タイプ。オプションは次のとおりです。
                 0-直交座標が使用されます。
                 1-球座標が使用されます。
      残りの整数は座標タイプに依存します:
      a。直交座標(NEAR = 0)
          NRX(I2)-X、Y、およびZ方向
          NRY(I3)-それぞれ。 
          NRZ(I4)-Xの変更、次にY、次にZ。
                    空白のままにしたフィールドには、値1が想定されます。

      b。球面座標(NEAR = 1)
          (I2)-r、phi、thetaに必要な点の数
          (I3)-それぞれ方向。 rは最も変化します
          (I4)-急速に、次にファイ、そしてシータ。
                  空白のままになっているフィールド値1が想定されます。

   浮動小数点フィールド:
      それらの仕様は、選択した座標系によって異なります。
      a。直交座標(NEAR = 0)
          XNR(F1)-(X、Y、Z)座標位置(F1、F2、F3)
          YNR(F2)-それぞれ、最初のメートルで
          ZNR(F3)-フィールドポイント。
          DXNR(F4)-メートル単位の座標ステップ増分
          DYNR(F5)-それぞれX、Y、Z座標(F4、F5、F6)。
          DZNR(F6)-ステッピングでは、Xが先、次にY、次にZ
      b。球面座標(NEAR = 1)
            (F1)-(r、phi、theta)座標位置(F1、F2、F3)
            (F2)-それぞれ、最初のフィールドポイントの。 rがいる
            (F3)-メートル、ファイとシータは度単位です。
            (F4)-r、phi、thetaの座標ステッピング増分
            (F5)-(F4、F5、F6)、それぞれ。ステッピング増分
            (F6)-rはメートル単位、phiとthetaは角度。

こんな感じで高さ方向を振ったりする計算は楽です。

プログラムカード全部

ちなみにプログラムカードは全部でこれだけあります。

        Group I EK – extended thin-wire kernel flag

                        FR – frequency specification

                        GN – ground parameter specification

                        KH – interaction approximation range

                        LD – structure impedance loading

        Group II EX – structure excitation card

                        NT – two-port network specification

                        TL – transmission line specification

        Group III CP – coupling calculation

                        EN – end of data flag

                        GD – additional ground parameter specifications

                        NE – near electric field request

                        NH – near magnetic field request

                        NX – next structure flag

                        PQ – wire charge density print control

                        PT – wire-current print control

                        RP – radiation pattern request

                        WG – write Numerical Green’s Function file

                        XQ – execute card

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。