【超手抜き】カホンの自作の勘所 そこそこの音を簡単につくる【チューニングが面白い】 

スポンサーリンク
広告

カホンの選び方(笑)

カホンの選び方 | 初心者のためのカホン講座
カホンの選び方について楽器初心者にもわかりやすく解説しています。これからカホンを初める方、どのカホンを購入を検討するか迷っている方はぜひ目を通してみてください!

このページを見ると、だいたいカホンのことが分かります。

何度か叩いたことあって、実物も見たことがあり、値段も手ごろなのがあるので、買おうかな?って思っていたんですが・・Amazonだと、普通サイズだと8000円くらいからありますしね。

キットでも、5000円代からある。。

やっぱり作ってみたくなったので、5000円以下で、自作してみました。

カホンの標準の大きさ

だいたい高さが450mm~500mm、幅と奥行きが、300mmくらい。サウンドホールは直径120mmのものが多いようです。大きさが決まれば、だいたい低音の響きは同じような感じですね。

カホンの材料その1

とりあえず、まず箱を作ろうと、コーナンで、板類とゴム足を買ってきました。

厚さ18㎜ パイン集成材 450×300㎜ が 2枚

厚さ18㎜ パイン集成材 600×300㎜ が 1枚 (これを2分割)

厚さ2.5㎜ シナベニア 900×600㎜ が 1枚 (これを4分割)

ゴム足を買ってきました。これで3000円くらいです。

この構成だと、箱部分で、綺麗に切らないといけないのが1回だけなので、べニア板から作るより簡単なので、こういう構成にしました。ホームセンタで、かなり悩んで、一番手抜きができる構成で板を買ったというのが、正直なところです(笑)

板をまっすぐ直角に切る

ボンドで張り合わせだけで作ろうと思っているので、直線にきれいに切らなければなりません。僕の場合は、ジグソーを持っているので、ガイドをしっかりつけて下のように切りました。

きちんとガイドどおりに切ると、直角で直線で切れます。

ハタガネなしで、引っ付ける!(笑)

普通は、クランプや、ハタガネで、押さえておくのですが、ちなみにハタガネって、こういうものです。

こういうので、強引に引っ付けるんですけど、これ買ってたら、すぐに5000円超えちゃうので(笑) 養生テープや、ガムテープで、強引に強力に、ひっつけます。

そして、おもりを乗せておきます。

サークルカッターなしで、直径12cmの穴をあける(笑)

普通は、サークルカッターやホールソーで、穴あけをしますが・・ちなみにホールソーは、こんなやつです。

ジグソーもっているので、別に、ドリルで穴をあけてジグソーで切ってもいいんですが(笑)。コンパスで、円を書いて、カッターというか、ナイフで、しこしことあけてみました。これは根性いります(笑)

そして、接着。これも、どうしても木材は反っていることが多いので、接着面をきれいにサンディングしたのち、ガムテープで隙間ができないようにして貼り付けます。

打面のビスの配置

打面のビスの配置ですが、これで、音の性質がかなりかわります。 密にビス止めをすると、板が張る状態になるので、高く締まった音になるようです。疎にビス止めすると、ポンッという感じの音になります。また、上の隅のビスを外し、少し打面に隙間をあけるようにしておくと、打面と箱があたり、パンッという音が出やすくなります。このあたり、いろいろなビスの配置をすると面白いです。ポンッていう音が少し好みなので、下の写真でわかるように、上下で非対称にしています。

売っているカホンも、いろいろなビスの配置がありますね。昔、小屋フェスに行った時に、いろんなカホンをたたかせてもらって、体感してきたので、ビス配置は、その時に好みだったものにしています。

この状態での音は、こんな感じです。(スマホで撮っているので、低音があまり取れていませんが・・・)

スナッピーの作成

スネアドラムの裏についているスナッピーを、打面に裏からあてるようにして、バズ音を出すようにします。

シンバル音も少し欲しいな。。って思ってフットタンバリンも買っちゃいました(笑)

スナッピーの取り付けには、このような丸棒と、丸棒受けを作ります。

そして、このスナッピーを

ニッパで、半分に切ります。

スナッピーの取り付け位置と、テンション

取り付け位置と、テンションのかけ方で、音が変わります。

テンションは、S字フックを丸棒と、箱につけて、輪ゴムでテンションをかけています。まずテンションですが、打面に押し付ける力が強いと、かなり強く叩いた時しかバズ音でません。ちょうど触れるかどうか?くらいのテンションにすると、ゆるく叩いた時でもバズ音がでるようになります。(自作カホンの作り方HP類では、あんまりテンションのこと書かれてないですが、このテンションのかけ方で、かなりバズ音がかわります。)

棒を真ん中につけて、上向きに、スナッピーをつける

よくあるつけ方がこれのようです。 端をたたく=スネアっぽい音にする。ようになりますとよく書かれていますが・・この場合、打面の上部のビスをかなり疎にしないと、スネアっぽくバズらないことがわかりました。むしろ、真ん中のベードラ音の時にバズ音が大きくなる感じがしました。これも好みなので、このつけ方もありですね。

上部に丸棒をつけて、下向きにスナッピーをつける

僕の好みは、こちらでした。上部のビスをきっちり締めても、上端をたたいた時に、バズ音が大きいのはこちらでした。

また取り合えず叩いてみてますが・・・スマホで録画だと音の違いが分かりにくいですけど・・・ 昔のバンド仲間に、家に来てもらって、遊んでみてもらったのですが、だいたい同じ感想でしたので・・、上のことはだいたいあってると思います。

5000円以下で、楽しめます(笑)

4000円ほどかかりましたが、カホンは、単純に叩くだけでなくて、音をいろいろ作ったりすることができて、とことん遊べます(笑)。買ってきたやつだと改造とかするのちょっと躊躇しますが、自作なので、いろいろ試してみるのにそれほど勇気がいりません。汚くなってもまた作り直せばいいから(笑)。 たぶん、箱の中にタオルなどを入れると、バス音がもっとしまったり、サウンドホールのある板を少し補強しても面白いかもしれません。きっと、表面の塗装でも音が変わるのかと思います。ワックス仕上げと、ニス仕上げだときっと音の響きがかなり違うでしょうね。そのあたりもまたやってみたいと思います。打面も厚さを変えてみたり、ビスの位置をいろいろ変えて遊ぶのも楽しいかと思います。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。