【Frexit?】データで見るフランス大統領選挙 日程は4月23日 決戦投票5月7日【EUの未来】

スポンサーリンク
広告

なんか混沌としてきましたね。

極右のル・ペンさんが突っ走るのかと思っていましたが・・

フランス第5共和政の第10回大統領選挙。。 候補者は沢山いて、その中の4人がかなり接戦になっているようですね。

こちらのWikiでは、世論調査結果の推移がグラフ化されています。

今週末の2017年4月23日(日)が、第一回投票。過半数を取れない場合は、5月7日(日)に決戦投票となるようで、Brexitの国民投票やトランプ選挙の時のように、どんな波乱があるのか?少し面白い情勢になっているみたいです。

候補者

上位の4人は、こちらのWikiから抽出すると・・

黄色:Emmanuel Macron (39)

En Marche!

リベラル的社会主義 中道 EU派

支持層は主に左派

濃紺:Marine Le Pen (48)

National Front

レジスタンス 極右 脱EU派

移民排斥派

水色:François Fillon (63)

The Republicans

リパブリカン 改革派自由主義者

自由経済派

赤色:Jean-Luc Mélenchon (65)

Unsubmissive France

社会共産主義 脱EU派

第6共和国の設立、富の再分配、EU条約の再交渉、環境計画、フランスの独立。ソーシャルメディアで大規模なフォローを集めている

となって・・極右のルペンさんと、極左のメレンチョンがある意味同じような主張してて、なんとなく勢い的には、マクロンとメレンチョンがきそうな展開。。

で・・・もともとフランスは社会主義が強いので、アメリカやイギリスに比べると右といっても左よりで、左というと、かなり左です。マクロンも社会党出身です。

地域別の支持率

トランプの時は、地方VS都市部というのがはっきり出ていたんですが。。

【アメリカ大統領選】Haffing Postでも支持層を分析~都市VS地方~政策・法律を分けたら?【CNNの出口調査】
Haffing Postの分析 僕と同じデータを見て、分析しているのが出ていたので・・ちょっと感想 ちなみに、僕が書いたのは・・・ ...

このwikiの下の方に地域別の支持率が乗っていますが、あまり差がない。というか・・面白いのは7州でルペン、4州でマクロン、1州が引き分けになっていて、ルペンがわりと強い。

投票元 日付 サンプル
サイズ
棄権
メランチャン
FI
マクロン
EM
フィヨン
LR
ルペン
FN
オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ
イプソス 2017年3月14-17日 1,180 35% 10% 26.50% 18% 27%
ブルゴーニュ=フランシュ=コムテ
イプソス 2017年3月14-17日 423 37% 11% 24.50% 17.50% 31%
ブルターニュ
イプソス 2017年3月14-17日 588 31% 11% 30.50% 18% 18%
センター・ヴァル・ド・ロワール
イプソス 2017年3月14-17日 476 31% 11% 27.50% 17% 27.50%
グランドエスト
イプソス 2017年3月14-17日 976 31% 10% 26.50% 17% 33%
Hauts-de-France
イプソス 2017年3月14-17日 1,019 31% 11% 24% 14.50% 35%
Île-de-France
イプソス 2017年3月14-17日 1,621 35% 14% 27% 18.50% 20%
ノルマンディー
イプソス 2017年3月14-17日 545 29% 11.50% 26% 17.50% 28%
ヌーベル=アキテーヌ
イプソス 2017年3月14-17日 853 31% 13.50% 26.50% 18% 23%
オケティエリ
イプソス 2017年3月14-17日 928 29% 11.50% 24% 15% 29%
ペイドラロワール
イプソス 2017年3月14-17日 703 30% 10% 30% 20% 22%
プロヴァンス=アルプ=コートダジュール
イプソス 2017年3月14-17日 755 30% 11% 20% 19% 35.50%

フランスに住んでいない人は、マクロン支持が多いみたいです。

米国の株やさん系の予想

ファイナンシャルタイムスの予想

Subscribe to read | Financial Times
News, analysis and comment from the Financial Times, the worldʼs leading global business publication

こちらは、第1回投票では、ルペンが勝ち、決戦でマクロンと予想しているようです。

エコノミストの予想

Modelling France’s presidential election
Marine Le Pen faces an uphill battle to become president

こちらも同様なんですが、数字が違っていて・・

マクロンかフィロンになると予想していますね。ブレグジットもトランプも外しまくりだったので、こう見てくると・・・

なんとなく・・・メランションあたりが来そうですね(笑)

フランスという国

フランスには何度か仕事で行ったので、とても親近感のある国なんです。国の広さは日本とだいたい同じくらいで、人口は日本の半分。。食べ物や服をとても大事にする文化的なところは日本と似ているなぁ~って思います。大阪がイタリアだとすると、京都的な雰囲気。だから社会・共産主義的な文化があるのかもしれないって感じてます。ピケティなんかも社会・共産主義的ですね。

人口の推移

世界経済のネタ帳

右肩上がりになっています。

失業率の推移

世界経済のネタ帳

10%代であまり改善されていない感じですね。スペインなんかと比べるといいのですが、イギリス・ドイツ・アメリカ・日本と比べると倍ほど悪い状況です。

このあたりに、変化を求める声が隠されているのかもしれないですが・・ イギリスもアメリカも失業率は最近かなり改善されてきたのに、変化を選択しています。今回はどうなるのか?

財政収支

世界経済のネタ帳

少し改善されてきているとはいえ、日本と同じで赤字国家。。

経済成長率

世界経済のネタ帳

成長率は日本とちょぼちょぼ・・・

テロ

公安調査庁のページから抜き出してみると、イスラム系のテロが多いですね。フランス自体に行ってみると、イスラム系の方やエジプト系の方は沢山いて、完全に融和しているようにも見えるのですが、過去2年間で見ると、ドイツ3件、英国2件と比べると非常に多い印象があります。

2017/3/18(土) フランス首都パリ南郊に所在するオルリー空港で,武装したチュニジア系フランス人の男が,警戒中の治安部隊の女性兵士を襲撃し,武器を奪おうとしたが,別の兵士によって射殺。
2016/7/26(火) フランス北部・ノルマンディー地方の町ルーアンで,刃物を持った男2人がカトリック教会に押し入り,5人を人質に立てこもった。同2人は治安部隊によって射殺されたが,神父1人が死亡,1人が負傷。ISILと関連を有する「アーマク通信」が,ISILの兵士が作戦を実行した旨報道。
2016/7/14(木) フランス南部・ニースで,フランス革命記念日の花火見物の群衆にトラックが突入し,外国人38人を含む少なくとも84人が死亡,202人が負傷。ISILと関連を有する「アーマク・ニュース・エージェンシー」が,「イスラム国」の兵士の1人が実行した旨報道。
2016/6/13(月) フランス首都パリ西部・イブリーヌ県マニャンビルで,男が警察幹部及び同居する警察職員の女性を殺害。ISILと関連を有する「アーマク通信」が,「イスラム国」の戦士が事件を実行したと主張。
2016/1/11(月) フランス南部・マルセイユで,トルコ出身の高校生の少年(15歳)がユダヤ系男性教師(35歳)に刃物で襲いかかり,軽傷を負わせる事案が発生。同少年は,犯行直後に拘束され,「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)のために犯行に及んだ旨警官に説明。
2016/1/7(木) フランス首都パリ北部の18区の警察署前で同日正午頃,長い刃物と短刀を携行した男が,「アッラー・アクバル」などと叫び,同署の入口にいた警察官に襲いかかり,同署内に侵入しようとしたところ,警察官に射殺される事案が発生。
2015/11/13(金) フランス首都パリ中心部のレストランや劇場,同郊外の競技場などで,銃撃や自爆テロなどによる同時多発テロが発生し,130人が死亡,約350人が負傷。同日,オランド仏大統領は,同テロがISILによる犯行と断定。また,「イラク・レバントのイスラム国(ISIL)フランス」名の犯行声明が発出。同声明では,「フランスがシリアでの空爆を実施したことへの報復」などと主張。
2015/7/15(水) フランスのカズヌーブ内相が,軍高官を暗殺し頭部を切断するなどのテロを計画していたとして,同国在住のイスラム過激派とみられる4人を拘束。容疑者は16~23歳で,うち1人は元軍人。4人は,2016年1月頃の軍施設の襲撃計画を準備。なお,検察当局は17日,シリアに滞在する「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)戦闘員が,容疑者らにフランス国内の標的への攻撃を指示していたと発表。
2015/6/26(金) フランス南東部・リヨン郊外のサンカンタン・ファラビエで,米企業所有のガス工場に男が車で乗り付け,爆発が発生。その後,同男はその場で当局によって拘束。現場では,実行犯の男が勤務する運送会社の経営者の男性が遺体で発見。
男は襲撃時,アラビア語で「神は偉大なり」と叫んでいたとされる。また,現場からイスラム教の信仰告白の文言が書かれた旗を発見。

移民・難民

ドイツに向かうシリア難民の話を最近聞きますが、フランスは20年以上前から移民・難民がとても多い国です。二世移民まで加えると人口の2割程度にまでなっているそうです。当然選挙権もあると思います。このあたりの課題は選挙にどうでてくるのでしょうか?

フランスと移民・難民問題 - 一人ひとりが声をあげて平和を創る メールマガジン「オルタ広場」
一人ひとりが声をあげて平和を創る市民メディアです

争点

EUとの関係、移民問題、テロ対策 がやはり大きな問題というのは、上のグラフ類を見るとわかる気がしますね。

EUの問題でいくと、Frexitにはならないのだと思うのですが、EUという大きな連合でマネジメントすることと、各国がマネジメントすべきことの範囲を大きく見直す時なのかもしれませんし、サピエンス前史で言われるように、大きくは統合の方向で来ているのですが、大きな組織のマネジメントには現場力が必要になります。その現場力の裁量をもっと大きくできるように変えていかないと、EU全体でつぶれていくのかもしれませんね。

予想

世論調査の結果や大手メディアが、Brexit、トランプと2回外しました。経済アナリストも表向きは外していましたね。3回目の外しでいくと、ルペンかメランション。予想通りだとするとマクロン。

あと今回もロシアと仲良くしようとしているのが、ルペンとメランション。株屋さんたちが押しているのが、マクロン。他の候補にスキャンダルなどがちょぼちょぼ出てきていたりするので、どのような結果になるか、また予想できない状況ですね。

ピケティ的な考え+ソーシャルネットの勢いでいくと、メランションが来て、またビックリ!とかになるんじゃないかな?

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。