【コミュニティ】html5jロボット部勉強会に参加してきました。Webプログラマーも・・これからはロボットの時代!【やっぱりIPカメラはいいやつ買った方がいいかも】

スポンサーリンク
広告

html5jロボット部

eegozillaさんは、だいぶ前に書いた・・・こんな記事で

【妄想企画】Raspberry Pi 2 と OpenCV 3でラジコンの自動運転!?レースできたらおもろそう
まずは、この動画 OpenCV でpythonでニューラルネットワークで、ラジコンを自動運転しています。 OpenCV Python ...

Facebookの方に、たしかコメントをくれたのが最初だったと思うんですが、こないだIntelのワークショップに出た時に、

【WorkShopレポ】Intel IoT Developer Programで学んだこと・・・ むっちゃ難しくなってる気がする【高性能だけど】
もともとは・・・ vCPE というネットワーク仮想化の中のゲートウェイ仮想化技術をやってる部署の人が、一緒にいかない?っていうので・・・I...

偶然、前後の席に座ってて・・・ 幹事イベント

スマートファクトリーとRobotics API & CNTK(html5jロボット部 第7回勉強会) (2016/11/30 19:00〜)
## 今回のテーマは「スマートファクトリー」と「Robotics API」です 今回の勉強会では株式会社アールティが「ミニチュアスマートファクトリーを作ろう!プロジェクト」の一つのプロダクトとして開発しているロボットアームとロボットアームを制御する上であるべきAPIについてアールティの中川様とニューフォリアの羽田野様...

があるのを知ったので、もともと、大学時代は、バックプロバケーションのニューラルネットでロボット動かしていた人間としては、行きたくてしょうがなくなって、行ってきました(笑)

ミニチュアスマートファクトリーを作ろう!プロジェクトについて 株式会社アールティ

最初の勉強は、アールティから・・・Web APIでプログラミングできるロボットアームについて・・

これラズパイベースで、サーボと、3Dプリンターで作ったグリップでスムーズに動いてました。カメラもついてて・・・2017年の春には発売されるとか・・・

ちょっと触ってみたい感じですね!

他にも、他社のロボットアームがいろいろ紹介されていました。

これからは、Webエンジニアがどんどんロボットに進出してきますね!

Web エンジニアのためのロボットアームの API を考えてみる  羽田野太巳様


ONVIFカメラを元に、APIを考える。たしかに、パン・チルト・ズームのAPIが用意されていて、ほとんど動きとしては同じですね。いいカメラはズームがすごい!ってこと体感できましたし、Web上からのコントロールも非常にスムーズに動いていて、流石だなって思った。

僕も、ONVIFカメラこないだかって、遊んでみたんですが・・・やっぱり危ない(笑)って話。懇親会でも盛り上がりました。

【はじめてのAliexpress】激安だね。。最近DDoSの元になってるというIPカメラを買ってみた【IPカメラ】
爆弾かぃ! ある日、おうちに帰ると・・・ こんな不審物が・・・(笑) もう随分前・・ とかをやってた頃かな?に注文したのが届き...

ONVIFは僕もこないだから気になって、調べているところです(笑)

【ドローンはカメラの時代?】GoPro のドローンか? DJIのドローンか?IPカメラは分析もついていてONVIFなんだ。。【OcuSyncが気になる】
1Kはスマホでも当然になってきて・・・次は4K こないだから、ラジコンの自動運転をできないかと、ちょこちょこ調べていて、分析を行おうとする...

ONVIFのフレームワークから今風にロボット用のAPIを考えると・・・ってことで提案されていました。

これとっても、勉強になって、前からどうなってるのかな?って思ってたことが、クリアに!(笑)

ONVIFは、WS-DISCOVERYで機器を探して、UDPポート3702にマルチキャストして探すとか・・・Digest認証使っているとか。。

羽田野さんのGitにnode-onvifやnode-upnp-utils, node-enocean-utilsなどもあってとても勉強になりました。

futomi - Overview
CEO, futomi Co., Ltd / CTO, Newphoria Corporation. futomi has 26 repositories available. Follow their code on GitHub.

このメンバーなら、ぐだぐだ言っているより、さくっと作ってしまうんでしょうね。そういう世の中になっているんだな。

Microsoft Cognitive Toolkitについて(旧:CNTKについて) 日本マイクロソフト株式会社 佐藤直生様

内容的には、全部ここに載ってます。

[html5jロボット部 第7回勉強会] Microsoft Cognitive Toolkit (CNTK) Overview
html5jロボット部 第7回勉強会で、ディープ ラーニング ツールキット「Microsoft Cogniti…

で、この内容は

Microsoftが示す未来 //Build 2016から見るWindowsの新機能
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。先日記事にしたライター募集の件ですが、何名かの方にご連絡をいただい…

で発表されていたんだろうけど、この映像、僕ははじめて見ました。こういうウェアラブルとAIの使い方の未来像は、とてもいいですね。数時間前に、同じようなAIの話を聴いてきたばかりだったので、余計に、そうだよなぁ~~ なんて思ったりして。。

Seeing AI 2016 Prototype – A Microsoft research project

あと、

The Microsoft Cognitive Toolkit - Cognitive Toolkit - CNTK

の説明。。これも、NoderedみたいなUIでプログラミングできるんですね。。凄いや。。

ニューラルネットの記述も A=sigmoid(H1, @x)みたいな感じで記述できる言語とか。。

CaptionBot - For pictures worth the thousand words

https://www.how-old.net/

を実際に使って説明してました。

ガッキーだということまで、認識しているんですよね。。高野源はまだ有名人じゃないと・・(笑)

懇親会もありました。

はじめて出席したという方や、いつも出席しているという方など51名もきていて、数名の方としか話はできませんでしたけど、いろいろ話ができてとても面白かったです。

情報系は、学会なんかより、大手企業より、ずっとコミュニティの方が進んでいるように思う。。僕も何かロボットやりたいなぁ~~~ って真面目に思った!

このコミュニティとても暖かい感じがして、居心地が良さそうでした。

次回は、12月22日だそうです。

NEXT STEP of "Intel Joule" (html5jロボット部 第9回勉強会) (2016/12/22 19:00〜)
## 今回のテーマは「Intel Joule」✕「Ubuntu」✕「Windows 10 IoT」 今回は年末特別企画として、いま話題の「Intel Joule」をテーマにした勉強会を行います。 Intel Edisonの後継モジュールとして発表&販売開始された「Intel Joule」。 これはもちろんmr...

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。