【経済破綻!?】お金をヤバいくらいに刷りすぎているんじゃないの?リーマンショックって凄いことだったんですね。【経済のお勉強】

スポンサーリンク
広告

経済にはあんまり興味ないんだけど・・

里山資本主義とか成長の限界とか2052とか読んで、資本主義とか、国の信用によるお金とか、これからどうなるのかな?っていうことには興味があります。で・・・

たまたま、こういうのを読んで・・・ちょっとびっくりするグラフが出ていたので紹介します。

NY在住の猫好き医学博士が警告する、危険な世界通貨「ドル」の実態 - まぐまぐニュース!
大きな話題となったアメリカ大統領選は、ドナルド・トランプの勝利で幕を閉じました。その過激な言動や女性問題から「反トランプ」の声も少なくありませんが、就任が決定した現在もその声は収束の気配を見せていません。メルマガ『しんコ…

アメリカ(ドル)のマネタリーベースと、景気の関係を1910年から、2016年までプロットしたものです。グレーのところが、不景気だった時です。2008年はリーマンショック(サブプライムローンの債権が回収できないってことがバレて金融危機が起こった)の時ですね。

マネタリーベースっていうのは、簡単に言うと、国がどれだけ通貨を作ったか?っていうことです。リーマンショックの後、金融機関が混乱しないようにと、お金を大量に刷った。。というか、刷り続けているってことですね。

ざっと、その前が800B$で、今が2700B$だから・・3倍以上お金が刷られたってことですね。ということは、ドルの価値は、相対的に1/3になってるってことですよね。物理的には・・

マネタリーベース

このデータは、セントルイスのフェデラルリザーブバンクから出ているようです。Source: Federal Reserve Bank of St. Louis

St. Louis Adjusted Monetary Base
View the sum of all currency in circulation outside Reserve Banks and the U.S. Treasury, plus deposits held by depository institutions at Reserve Banks.

fredgraph

これをみると・・・え?4000B$? 5倍!! なの??驚愕 たった8年で5倍のお金を供給したってことなんですよ。。

サブプライムローンの焦げ付きって、元のお金の5倍もあるはずないよね??

連邦準備制度からの預託機関の借入金総額を見てみると・・

fredgraph-2

450B$くらいなので・・・そんなには要らなかった。。しかも数字上は2011年には終わってそうに見える。。

おかしくない?? ここまでしないと世界経済が破綻したってことなんでしょうか?

マネーストックの方を見てみた

お金を5倍刷ったんですから、市場にどれだけお金が回っているか?というマネーストック指標を同時にみてみました。

FRBにもデータはあります。。アメリカの凄いところは、データ見やすいところです(^^;

Federal Reserve Board - Data
The Federal Reserve Board of Governors in Washington DC.

でもSt.Luisのやつで・・・(笑)

fredgraph-1

経済の専門家でないので、ちょっとわからないですが・・・5倍通貨の供給をして、市場に出回るお金は、ぴったり2倍になっているようです。

で・・・2倍になったということは、誰がこれ儲けたの?? ってことでしょうね。

まだアメリカは、マネタリーベースを上げると、マネタリーストックも上がるので、普通と言えば普通のことなんでしょうけど、この急激にあがった分が、本当の経済活動として実感できる成長を遂げているのであれば、何も問題はないのですが、経済が成長しているか?っていうと・・・ 世界経済のネタ帳を見てみると・・・

gdp

アメリカは、2008年~2016年で13%ほどGDPが上昇していますね。

供給量を5倍にして、流通量は2倍、生産性は、1.13倍。。 ん・・・。。。

かなり操作されて、いまの経済がなりたっているんでしょう。。

インフレ率もついでに見ておこうっと

infre

あら・・・インフレ率って、2000年くらいから、ほぼ一定になってるんですね。。中国でさえも・・

日本も、2013年からいっぱい刷ってる。。

日銀のマネタリーベースは、2013年から急激に実はあがっています。

こんな記事も見つけました。主張するところは、僕とは違いますが・・・データはよくそろっています。

『2015年6月9日発表のマネタリーベースとマネーストック』
先日発表されましたマネタリーベースとマネーストックをグラフ化しました。なぜこれをグラフ化するかといえば、アベノミクス第一の矢である金融緩和の成果がこれでわかる…

見せかけの経済や成長なんですね。

ちょっと、調べてみてすごく驚いたのですが、2008年以降の世界経済は、本当に見せかけの経済になっている。日本は、見せかけもできていないですが・・・他の国も、お金の供給を増やし続けたが故の安定(ちょっと成長)だったんですね。

といことは、いよいよいろんなものが危ないのかもしれないですね。

国って結局は、国民の総体なので、このような政策的な経済維持も必要かもしれないですけど、ここまでくると、実態の経済や実態の価値にあってないどころか、かい離しすぎているようにおもってしまいます。

ジョージ・ソロスという大投資家の動きって・・そういうことなのかな?

英国EU離脱でも中国でもない、ジョージ・ソロスが怯える「第3の危機」 | ページ 5 / 5 | マネーボイス
世界中が注目する英国の国民投票。何が起こるかまったく予想がつかない相場の場合、欧米の投資家は伝説の投資家の手口を分析します。その1人が、ジョージ・ソロスです。

あるいは、ピーターティルばりに、逆張りに出るのがいいのか?(笑)

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。