【スマートものづくり応援ツール?】モノづくりとIoT・・・ ツールはもういっぱいあるんだけど【たわごと】

スポンサーリンク
広告

たわごと ですが・・・

第4次産業革命は中小企業が起こすRRIのアクショングループが始動

の記事

の中に、

「スマートものづくり応援ツール」106選が乗っています。

 

「中堅・中小製造業向けIoTツール募集イベント」で2016年7月27~8月26日に集めたものを選定したらしい。

面白いのは、なぜ、提供側から集めたんだろう?もしIoTをもっと広げたいと思うなら、こんなことあんなことができない。。ってことを集めて、それを、こういう企業に照会して、何か新しい発見や、技術ができてきた。。ってことを紹介しないと・・って思う。

もっと、おもろいな(前時代的だ)と思うのは、このマップ(笑)

こういう本に、カタログはまかせればいいような気がする(笑)

カタログ(リンク)は、Web検索に完全にとって変わられているから、この表を見て問い合わせをしようと思うのか?ってところをもう少し考えてみると、面白いんじゃないかって思う。

100歩譲って・・・なにかストーリーを伝えられているならまだしも・・・

これって・・たぶん委員とかのせいじゃないと思う。元請になってる所の感覚なんだろうなぁ。。

今、IoTって言われるものは、もうだいぶ前からある程度、お金があればできる世界。。導入事例があっても、それが有効に使われているか?はほとんどの場合、一瞬なんだよねぇ~。

もうずいぶん、「Usecaseを集めるところから」っていう話をあちこちで聞いてきたような気がするんですけど、いつまでたっても「Usecaseを集める」になってるような気がする。

考え方なんだろうなぁ~~ その考え方を、変えるには、どうしたらいいんだろう??

たぶん、中小企業が、IoTを導入しない。ってことが問題じゃなくて、

Amazonのような昔、小さな小売店(通信販売会社)だったところが、情報活用資源(コンピュータのリソースと、コンピュータを活用する人のリソース)を自分で作っていった。。

ってことを、みないといけないんじゃないかな??

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。