【社会をデータで見る】データでみると、やっぱり説得力ありますね。でもデータでは変わらないですね。社会は・・

AIとかディープラーニングとか、ある意味、データがたくさん出てきたのと、データ入力が簡易になって、しかも、計算機パワーがでて、ビックデータと言われるようになってきてるけど、昔からこういうデータはたくさん出てますね。。 探すのGoogle君にいつも聞いているけど、今日、ikehayaさんが、人口減少×デザインを紹介しているのを見て、自分が、よく見ているデータのありかを、まとめてみました。

スポンサーリンク
広告

見せ方・分析・シミュレーション

見せ方だったり、加工だったりシミュレーションだったり分析だったりで、データはどうにでも使えますから、誤解も多いのかもしれないですが、

神戸のNPOがまとめている人口の見せ方面白いですね。もし、人口をこれだけ増やしたらとかのシミュレーションができるようになってます。

こちらは、個人の方かもしれないですが・・

データを分析という観点では、分析する見方をここは教えてくれています。東京の空家とか、出生率の西高東低とか、技術者数の推移とか、いろんな観点で分析していて、全部みるの大変ですが、面白いです。データの出典が示されているので、ここを起点にして調べていくと、割と早くにデータ見つかります。

これもデータとして凄いですね。都道府県別の順位に全部してくれてます。空家率とか、高齢化ドライバー率とか、認知症行方不明率とか、へーーーって思える順位で、面白いですよ。都道府県ごとに出していますので、身近に感じます。

あなたの街や全国の市区町村を、交通事故発生率や犯罪発生率で順位付けするサイト

ってありますが、国政調査のデータを使って、ランキング形式でいろんなものを見せてくれています。都道府県のランキングや、市町村でのランキングもあります。東京都の市町村別リサイクル率とかも、乗ってるのでもう少し細かくみたい時はいいですし、もっと身近に感じます。

都道府県の財政力指数番付 や 全国・全地域の財政力指数番付 面白いです。東京が1位じゃないんですね。

次は国や自治体のデータ

国や自治体のデータそのもの

国や自治体もがんばってますね!

経済関係

  • 地域経済分析システム RESASというシステムですね。地域毎に産業マップとか、いろいろ出てますね。自治体やNPO向けのデータビジュアライゼーションの仕組みですね。

人口関係なら

地域資源の情報をオープンデータとして共有していくためのデータベースサイト Code for や Link Dataが作ったデータセット

アメリカのData.govは、本当に沢山のデータとアプリ、使い方が紹介されています。

Data.gov
The home of the U.S. Government’s open data Here you will find data, tools, and resources to conduct research, develop web and mobile applications, design data ...

アプリも、いろいろありますが・・・

Applications - Data.gov
Open government data powers software applications that help people make informed decisions – from choosing financial aid options for college to finding the safe...

なんか使いにくいですね。。 そういう意味では、見方が簡単に探せないとだめかな?

ダイエットアプリとかも紹介されてて、なぜこれがオープンデータなのか分からないけど、カロリー計算とかのFoodのDBから引っ張ったってことかな??(笑)

次は株屋さんが見るデータ

株屋さんが見るデータかな?

株屋さんは、やはり、いろんなデータを見ているようですね。それぞれの切り口でデータを体感できるようにしています。

世界経済のネタ帳 エネルギー価格とか、いろいろ先行指標といっしょに出てます。電力料金を予測するとか昔やってたので、このページすごく使えます。日本円のレートも織り込んでくれているので・・直感的にわかりやすいです。

いろいろグラフを比較できるページもあります。天然ガスの日本向け価格と、世界の価格を比較とか・・・なるほど、パイプラインないしな。。ってわかる(笑)

CO2排出量の推移(1980~2011年)(日本, 韓国, 中国, アメリカ, ドイツ, フランス)とかってすぐに見れる。。アメリカ・中国でかい!

エネルギーというと、エナジーセーブ株式会社。エナジーセーブESCOで安心。地球に優しい省エネプランのページに

燃料調整費を一覧で見れるページもあります。

日経のデータ

都市か地方か データで探る日本の潜在力

こんな感じで、まとめてくれているので、読みやすいです。

人口減少は、子供を産む女性の人口が先行指標になるんですね(^^; やっぱ女性がえらいのか?

2040年若年女性の人口増減

日経デジタルの編集局の方の話によると、会員になると、もっとデータがいろいろ見れるらしいです。見てる人は凄いなぁって思う。

世界の統計局といえば世界銀行。。次へ

正しいデータはどこにあるのか?

データって、本当に正しいのかどうかよくわからないですが・・でもとを探っていくと、このあたりに行きつくことが多いです。

統計局 とか 世界銀行とか

世界銀行のデータカタログ 結構飛んでいる年もあるけど、推移をみるにはこれがいいですね。

世界での推移とか、日本での推移とか、推移でみてみる方法と、地域や場所で見てみる方法、などいろいろありますね。データをこねくり回すと、どうにでも取れるということもあるので、できるだけ分析は自分でした方がいいのかな? ニュースやブログ記事などでの、裏付けを取るということには適しているかと思います。そのまま鵜呑みにしないためにも・・データをすぐに見れるようにしておくといいかもね。

コメントを残していただけるとありがたいです

Loading Facebook Comments ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。