Microsoft Office (ExcelやWord)の個人情報を削除する方法、バージョン違いで設定いろいろ【Opendata】

基本は、xml系のファイルにしようとしていますが・・

小平CivicTechでは、個人がもっているデータも、Webに落ちているデータも、それらをベースにして、二次利用できる形にしたいって思っています。データの提供も歓迎しています。ここに集めておけば、また誰かが見つけて、二次利用して、もっと使いやすくなる。。って思っています。

で、基本は、地図だとKMLとかのxml系(拡張できるマークアップ)にしていますが、Microsoft Officeのユーザーも多いので、たまにExcel形式でもアップしています。

Officeの場合は、ファイルのプロパティに、Officeの情報が入っています。作成者、会社とか。。それはそれで、重要な情報なんで、消さなくてもいいのですが

気になる方のために、Office文書に引っ付いている個人情報を、消す方法を紹介します。

一番簡単なOffice系の個人情報を削除する方法

Windowsのファイルエクスプローラーから、該当するファイルを選び、プロパティを表示させます。マウス右クリックで、プロパティ(R)ってあるやつですね。

その詳細タブを見ると・・

って感じで、作成者、保存者とか出てます。(これはもう消しちゃったファイルですが)

下の方に、プロパティや個人情報を削除 って青い文字があるので、そこをクリックすると、こんな画面が出てきます。

このファイルから、次のプロパティを削除を選んで、すべて選択 を押して、OKを押すと、消えます。

Microsoft Officeのアプリケーションで消す方法もあります。こっちの方が確実かもしれませんが、バージョンなどによって少しづつやり方変わっているので、それぞれのやり方で、分かりやすいリンクも貼っておきますね。

Office 2010系

Office文書から個人情報を削除する
Office文書(Word、Excel、PowerPoint)には、作成者と最終更新者の名前といった個人情報が…

Office 2011 for Mac系

プライバシーを保護する
Word

Office 2013系

Word/Excelから作成者などの個人情報を削除し、保存しない方法!
Wordを仕事と個人で利用している方は注意したほうがいいですよ。個人情報がバレバレになることがあります。Word/Excel 2013 で作成者などの個人情報を削除する方法と以後個人情報を保存しない設定を以下にメモします。

MSDNのInspectionDoccument(ドキュメント検査を使用する)の使い方

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/vba/office-shared-vba/articles/using-the-document-inspector

本家のサイトで、ドキュメント検査の使用方法が書かれています。

  • 8
    シェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク




PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com